億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、37歳現在、資産額5,300万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


「男の子の本当に響く叱り方ほめ方」を読んだ

5歳の長男が、伸び伸びと育っています。

 

ワンパクなのは親の望みどおりですが、度を越してしまうんですよね。

 

ちょくちょく、僕や妻に、叱られています。

 

涙を溜め、目をパチパチしはじめたので、言い過ぎたかなと反省したら、「写真撮っているのー」ですよ。

 

まばたきが、シャッターだったらしい。

 

天才か。

 

怒られている最中でも、これだけの自由度を発揮してきますからね。

 

子育てを見失いそうだったので、しつけの本を読みました。

 

男の子の 本当に響く 叱り方ほめ方

男の子の 本当に響く 叱り方ほめ方

 

 

本を読んで、安心しました。

 

男の子は人間ではなく、怪獣だったのです。

 

彼らの時間は、時計どおりに進んでいません。

 

「今」に圧倒的な比重がかけられているから、前も言ったでしょ!とかは通用しないし、くどくどと説教しても、怒られている理由を忘れてしまいます。

 

道理で、娘たちと違う動きをするわけですよ。

 

楽しみにしていた外出の際に、玄関で、真っ裸になり、逃走しますからね。

 

探しにいったら、子ども部屋の棚の上で、彼にだけ聞こえる音楽にノリながら、踊っていました。

 

こういうことを、怒ってはいけないのです。

 

可能性を、限界まで広げてあげるのが、親の務めですからね。

 

曲が佳境に入ったらしく、おちんちんをひっぱり、ギターにして、かき鳴らし始めました。

 

マジかよ、こんなの、見過ごせないだろ。

 

 

長男は、今日もスクスクと育っています。

 

今朝は、おとなしくジュースを飲んでいると思っていたら、急にむせび泣いていました。

 

鼻から飲めるか実験して、失敗したそうです。

 

これ以上ないぐらい、褒めておきました。

 

そのチャレンジ精神を忘れちゃいかん、と。

 

 

よろしければ、こちらもどうぞ。

なんだかんだで、わが子は愛おしいのです。 

www.yabure-kabure.site