億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、37歳現在、資産額5,300万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


マイナスサムゲームから学ぼう

長期運用での株式投資は、プラスサムの結果をもたらします。

  

つまり、参加した人の成績合計がプラスになるということです。

 

バブル崩壊のような特殊事例もありますが、時間と対象を分散して投資すれば、株式運用は安定した利回りが見込めます。

 

考えてみれば当然ですね。

 

僕のようなサラリーマンが、会社の売上と利益のために、貴重な時間と労働を捧げているのです。せめて株式ぐらいは値上がりしてもらわないと、やっていられません。

 

反対に、結果がマイナスサムとなるのは、ギャンブルや宝くじ、保険などです。

 

投資対象自体が価値を生み出していないため、金銭は参加者間でやり取りされるのみです。

 

運営側の利益が中抜きされるため、参加者の取り分の総和は、投下した額の合計を下回ります。

 

そんなマイナスサムのゲームで勝つためには、思い切りが必要です。

 

大きく賭けてパッと勝ち、さっさとゲームを抜けてしまいましょう。ギャンブルや宝くじだったら、運がよければ勝ち抜け出来ます。

 

保険商品で元を取るには、加入して即死するしかありません。

 

元も子もありませんね。

 

f:id:yabure-kabure:20180617001530j:plain

 

プラスサムゲームを勝ち残るために、マイナスサムゲームのセオリーを活かせます。徹底的に、マイナスサムの逆を張るのです。

 

グズグズと賭けて、出来るだけ長くゲームを続けましょう。場に残り続けることで、勝ちの可能性が高まります。

 

マイナスサムでは、借金して賭けてはいけないと言われます。

 

そりゃそうです。基本的に負けるマイナスサムゲームで借金していたら、破滅しちゃいます。

 

プラスサムでは、翻って、借りてでも勝負することが成功への近道です。

 

・・・おいおい、マジかよ。勇気が必要すぎるぜ。

 

確かに、レバレッジをかけて資産形成を加速させる方法もありますが、微妙ですね。証拠金がなくなってしまうと強制退場になってしまいます。

 

コントロールできる金額で、利子の付かない借金で勝負する分には、一理ありそうです。

 

マイナスサムゲームではアツくなってしまうと、負けパターン確定です。

 

これを逆転させると、プラスサムでは、舞い上がるほど勝率が上がることになります。

 

周りが見えないほどに熱中すれば、我に返ったときには、目も眩むほどの資産が積みあがっているのです。

 

うん、これはないな。

 

いくらなんでも、冷静でいたほうが有利ですよ。思うがままに株式を買い漁っていたら、それこそ博打になってしまう。

 

マイナスサムゲームからも、謙虚に学べることはあるということですね。

 

周囲に、ギャンブルに熱を上げている人はいませんか? 彼らから、大いに学びましょう。

 

僕の場合は、パチンコに埋没していた自身の大学時代を振り返り、落ち着いた投資生活を継続したいと思います。

 

 

よろしければ、こちらもどうぞ。

運用型の保険であっても、機会損失の観点では損をします。やはり、即死するしかありません。 

www.yabure-kabure.site