億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、37歳現在、資産額5,200万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!



寝かしつけ

大人は、眠くなったら寝ます。子どもは、寝まいと抵抗します。

 

なんでやねん。さっさと寝ればいいのに。

 

理解できませんが、それがキッズという生物なのでしょう。

 

寝かしつける親は大変です。グズって暴れるし、すでに頭は働いていないので支離滅裂です。

 

抱っこと言うから抱きかかえると、離せと暴れる。下ろしたら、悲しいと泣く。どうしたらいいんだ。

 

我が家では、寝かしつけは妻の担当してくれています。家族全員では1つのベッドで寝られず、子どもたちが母親と寝ることを選択してくるのです。

 

3人目が産まれる前は、みんなで寝ていました。当時の寝かしつけは、恐怖によるものです。

 

妻が突如としてカウントダウンを始めます。カウント後に騒いだり動いたりしたら、怒声が飛び、数回やらかすと容赦なく部屋から閉め出されるのです。

 

真っ暗な廊下に放り出された子どもの泣きっぷりは尋常ではなく、隣家に虐待が疑われてしまうクラス。

 

僕や子どもたちは、キョウフタイムと呼び、恐れおののいていたものでした。

 

f:id:yabure-kabure:20180624123653j:plain

 

最近は様子が変わっているようです。

 

寝かしつけているはずの寝室から、おしゃべりはおろか、笑い声まで聞こえます。

 

子どもたちがちょっかいを出し合い、ギャグをかましたり、創作ダンスを披露し合ったりしているのです。

 

なるほど、これがパジャマパーティーってやつか。トレンディやがな。

 

大盛り上がりの暗闇のなか、妻は就寝しています。率先垂範だそうです。

 

3歳の娘、訳わかんなくなって叫ぼうが、無視。5歳の息子が、おちんちんを引っ張って遊んでいても、無視。徹底無視。てか、本当に寝ちゃっているし。

 

遊び疲れ、続々と眠りに落ちる子どもたち。笑い合っていた、まさにその直後に寝息を立てています。うそだろ、電池が切れたかのようだ。

 

力を使い果たした彼らは、朝までぐっすり眠ります。妻も怒る必要がないので、平和に日々を終えています。効率的で画期的な寝かしつけ方法の発明ですね。

 

なるようにしかならないことに対して努力するのは、徒労に過ぎません。

 

妻の寝かしつけのように、力を抜いて業務に勤しもうと思います。大丈夫、僕たちサラリーマンのやっていることの大半は、やらなくても結果が変わらない。

 

それでは今週も頑張りましょう。