億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、37歳現在、資産額5,200万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!



【投資状況公開】 2018年6月第2週

トランプ大統領と金正恩委員長の会談は、波乱なく終了です。

 

握手からの殴り合いを危惧していましたが、杞憂でしたね。政治はプロレスじゃないので当然なのですが、あの2人はやらかしかねない。

 

さて、今週の投資状況を見てみましょう。

 

f:id:yabure-kabure:20180616202023j:plain

 

7万円のマイナスでした。

 

誤差みたいなもんですな。

 

僕は株式に4,300万円 投下しているので、1%ぐらいは変動するとして、43万円くらいまでは許容しなければなりません。

 

43万円⁉

 

月収、凌駕してるじゃないか。そんなの、平静でいられないよ。

 

僕は、現金での資産保有を罪だと思っており、余剰資金はすべて株式に変換しています。

 

それが億万長者へとつながる道なのだと信じていますが、維持するためには変動に耐えうる心の強さが試されるのです。

 

精神の修行は続きます。

 

 

続いて、グロース投資とバリュー投資の成績比較です。

 

f:id:yabure-kabure:20180616221051j:plain

 

半導体製造装置銘柄が落としたため、グロース株が若干落としました。

 

グロース株全体ではアマゾンが牽引して利回りを引き上げていますが、最上下位を除くと、年利換算8%。

 

いよいよ、ETFが肉薄してきました。VTIは、グロース株のパフォーマンスを上回っていますね。

 

たかだか半年の検証で結果を導くことはできませんが、市場連動型ETFのリターンは特筆すべきものがあります。

 

市場と同じなので安心できるし、平均的な動きをするので安定もします。銘柄を入れ替える必要がなく、手数料や税金の発生も抑えられます。

 

投資のグロース傾向とバリュー傾向を問わず、投資額の一定割合をETFで保有することは一案です。

 

長期視点で検証を続けます。