億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、37歳現在、資産額5,300万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!



翼を授ける

億万長者になりたいです。

 

僕は、おカネに縛られないためにおカネを求めています。

  

おカネを持てば持つほど、おカネから開放されます。逆説っぽいですが、真実です。

 

実際に、僕は3ヶ月前に準富裕層に到達し金銭面で切羽詰まることがなくなりました。

 

5,000万円の蓄えだけで家族5人が不自由なく過ごすことはできませんが、将来への切実な危機感はありません。

 

日銭に困っている人は、確実に僕よりもおカネを切望しています。

 

そりゃそうです。おカネがないと命の危険すらあるのです。

 

風雨を防げる家や外出に困らない衣服。お腹だって、動ける程度に満たしておかなければなりません。

 

おカネの呪縛から逃れるためには、おカネが必要なのです。

 

f:id:yabure-kabure:20180729213417j:plain

 

カネカネ言う人は心が汚れているという言説があります。

 

ぼくのブログを読んでくれている人は、多かれ少なかれ、おカネに興味がある人でしょう。

 

大丈夫、あなたは穢れていないよ。むしろ純粋です。

 

37年生きてきましたが、おカネが欲しくない人なんていません。みんな好きです。

 

おカネがあれば、あんなこともこんなことも出来ちゃう。想像するだけで楽しくなってしまうほどです。わーい。

 

欲しいものを欲しいという。なんて素直なのだろう。

 

しかも、大好きなおカネを増やすために、リスクをとりながら資産運用の挑戦までしているのです。めっちゃエライやん。

 

賞賛されて然るべきなのに、なぜか投資をしているとダメ人間扱いされるんですよね。

 

納得いかないぜ。

 

  

おカネと愛情を天秤にかける人がいます。

 

ドアホですな。どちらも大事に決まっています。両方を満たしてこそ、豊かな人生です。

 

億万長者になること。それは、人生を自由に羽ばたく翼を手に入れることです。