億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、37歳現在、資産額5,300万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!



【下落】ラスベガス・サンズ2Q決算とカジノ業界展望

カジノ銘柄のラスベガス・サンズ(LVS)がパッとしません。

 

2Q決算発表を契機に、株価が低迷を続けています。

 

好調だった株価が調整しているだけと捉えることもできますが、ちょっと売られすぎです。決算から10%も下げています。

 

決算は悪くありませんでした。利益予想は達成していませんが、売上予想は到達です。

 

昨年実績と比較すると、拡大傾向が確認できます。売上1.4%アップ、利益1.9アップ。ええやないか。

 

気になるのは、シンガポールのマリーナ・ベイ・サンズです。売上が15%減っており、グループの足を引っ張りました。とくにカジノ売上は30%以上の減速です。

 

マリーナ・ベイ・サンズといえば、トランプ大統領との会談前日に金正恩委員長が視察したホテルです。

 

視察は6月です。っていことは、今回の決算時期やないか。なんか悪い運気を持ち込んじゃないやろか。

 

対して、マカオ地区は強固です。グループ最大の稼ぎ頭であるベネチアンが23%も売上を伸ばしたことを先頭に、軒並み売上アップ。

 

マカオは今年中に「港珠澳大橋」で香港と結ばれるので、更なる売上増が見込まれます。

 

マカオ事業はサンズ・チャイナ(1928.HK)として香港証券取引所に上場されています。マカオは絶好調なのに、サンズ・チャイナもラスベガス・サンズと連れて下げているのですよね。よく分からん。

 

僕はサンズ・チャイナを保有していた時期があるのですが、株価が連動することに気付き、本社のラスベガス・サンズに買い替えました。資金は潤沢だし、配当もいいからです。

 

f:id:yabure-kabure:20180806231129j:plain

 

娯楽系企業の業績を、たった3ヶ月で判断するのは馬鹿げています。連休や天気に影響を受けるし、近隣で開催されるスポーツイベントや展示会にも関連します。

 

今回の株価下落を機に、50万円ほど買い増ししました。総額では250万円、個別株の保有額トップです。配当率が4%なので、配当金だけで毎年10万円の収入が期待できます。

 

世界の富は増え続けます。富裕層がカジノで使った資金が、株式を通じて僕の口座に流れ込んでくるのです。日本のカジノ業界にサンズが参入すれば、日本での売上まで還元されちゃう。

 

日本のカジノに遊びに来る富裕層は、僕に直接おカネをくれればいいのに。ギャンブルは負けるように出来ていますからね。ゲームに費やす時間を節約することが出来ます。

 

ギャンブルに興じた分の悦びはどう提供したらいいだろうか。まぁ、面白い顔でもして喜ばしてあげればいいでしょう。

 

 

よろしければこちらもどうぞ。

カジノ銘柄への考察です。 

www.yabure-kabure.site

  

サンズ・チャイナをラスベガス・サンズに買い換えました。 

www.yabure-kabure.site