億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、37歳現在、資産額5,300万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


電車を乗り過ごしたいと思ったら

通勤電車の混雑にうんざりです。

 

家畜の移送だって、あれほど劣悪に詰め込まれたりしないですよ。ドア近くのおっさん、足が浮いてんじゃん。

 

揃いもそろって東京に本社を構え、同じ時間に出勤するから、こんなことになるのです。そもそも、これだけIT技術が発展しているのに毎日出勤する必要があるのか。

 

規則を変えようにも、経営陣も結局はサラリーマンだから何も変えられません。豚が集まってブヒブヒいい続けるだけです。なんじゃこりゃ。

 

f:id:yabure-kabure:20180827025351j:plain

 

多分に漏れず、僕も通勤時間が短くありません。電車では本を読んで知識のインプットを心がけています。

 

ポールにつかまって立ちながら読むので、片手でページを捲れるようになりました。出勤電車で座れることなんてありませんからね。

 

運よく席を立つ人と入れ替えに座れることもあるのですが、それを狙って立ち位置を考えるのは浅はかです。醜い社畜の椅子取りゲーム。ブヒブヒ。

 

帰宅時間は通勤ほどの混雑はなく、たまに座れたりします。

 

めっちゃ嬉しい。落ち着いて読書に没頭できます。やったー。舞い上がりすぎて、あえて電車を乗り過ごそうとしてしまいます。電車のイスの座り心地が極楽すぎる。ずっと揺られていたいよ。

 

アホの極地ですな。

 

最寄り駅で降りて、行きつけのバーで静かに本の情景を手繰ったり、まっすぐ帰宅して子どもたちと遊んだりすればいいのに。

 

資産運用でも相対的な判断は危険です。含み損を抱えて取り返そうと意地になったり、利が乗っているからとゆったり構えたり。保有商品や銘柄に情を移し冷静さを欠いてしまっては、適切な運用は望むべくもありません。

 

絶対的な尺度で考える態度が肝です。過去は比較せず、辻褄合わせもせず、今だけを判断材料に最良な行動を考え抜く。資産運用の目標は、いつだって未来の利益の最大化だけなのです。

 

相対的な視点では僅かな好転に目を奪われます。通勤電車で座れた幸運を僥倖と喜ばないこと。電車に乗っていなければ、いつだって座りたい放題です

 

世の中を俯瞰し、確かな目標に向かって歩き続けましょう。億万長者を目指す、僕とあなたとの約束です。