億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、37歳現在、資産額5,300万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


どもったっていいじゃない

我が家の長男は、しゃべり始めてすぐに、どもりが出ました。

 

ぼ、ぼ、ぼ、ぼ、ぼく おえかき する

 

こんな具合です。

 

親からアドバイスできることもないので、見守っていました。多少の吃音があっても困らないだろ。堂々と、どもればいい。

 

頑張って言葉を出そうとしている感じがいじらしく、聞くほうも真剣に耳を傾けます。

 

お、お、お、おなか へった

 

そうかそうか、美味しいもん食べような。

 

ち、ち、ち

 

ん? なんだ長男? お父さん、ちゃんと聞いているよ。

 

ちんちん

 

くだらん。聞いて損したわ。

 

f:id:yabure-kabure:20180908192248j:plain

 

男の子は、なぜ下品な言葉が好きなんでしょうね。

 

幼稚園に行き始めてからオゲレツなことばかり話すようになり、アホらしいので聞き流していたら、知らぬ間に吃音が出なくなっていました。

 

お医者さんと話す機会があったのですが、正しい対処だったようです。子どものどもりは7割が自然に治まるので、気にさせないことが有効とのこと。

 

吃音に対するストレスやトラウマを与えないことが優先です。ストレスが原因で発症するものではありませんが、ストレスにより悪化するらしい。

 

 何事も、気にしすぎはよくないですね。堂々としていれば大概のことは好転します。

 

それなのに、大人になると世間体があるし、サラリーマンは人事評価もあるし、どうしても周囲からの目線が気になってしまいます。

 

独立して思ったとおりの人生を歩めればいいのですが、なかなか勇気が出ず、今日も僕は会社で飽きていないフリをしています。

 

いっそ、堂々と退屈してみようかな。

 

僕はもぬけの殻ですよー。おカネをもらうために、イスに座りにきていますよー。

 

退屈が治るとは思えませんが、何かは変わりそうです。とんでもない部署に異動になったり、職務怠慢でクビになったり。

 

少なくても退屈ではなくなります。ええやないか。

 

ええことあるかい!

 

今週も頑張りましょう。