億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、37歳現在、資産額5,200万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!



株はギャンブルじゃない

カジノのルーレットでは勝つことはできません。

 

可能性があるとしたら、短期勝負で、収支が上回っているときにパッと止めちゃうことです。

 

理由は明白で、「0」が存在するからです。

 

ルーレットでは、黒か赤かに賭けて、当たれば2倍になります。

 

でも、この配当は「0」の「緑」が考慮されない期待値となっているのです。

 

ラスベガスのルーレットでは「0」だけでなく、「00」まであるのだから、勝ちようがありません。

 

運営者も、生活していかなくちゃいけませんからね。

 

カジノは、「0」で回収するってわけです。

 

 

投資と聞くと、同じようなギャンブルを思い浮かべる人が多いようです。

 

「機関投資家には勝てない」「資金力がないと勝てない」と思っていませんか? 

 

僕は、そう思っていました。

 

f:id:yabure-kabure:20171202174320j:plain

 

確かに日本の株式に目を向けると、バブル期の最高値は遥か遠く、不動産の価値も下がり続けています。

 

「ゼロサムゲーム」どころか、「マイナスサムゲーム」ですよ。

 

それでも、世界では富は増え続けています。

 

この10年間で25%以上も拡大したそうです。

 

 

そりゃあ、そうですよ。

 

世界中で、僕たちみたいなサラリーマンが、朝から晩まで働き、前年度の売上高を更新!なんてやっているのですから。

 

この、25%の富の拡大に参加する方法が、株式です。

 

僕たちが貴重な時間と労働力を投じて給料をもらうように、株式に、時間と資金を渡しておけば、あとは勝手に稼いでおいてくれます。

 

 

重要なことは世界規模で幅広く運用することです。

 

局地的な投資では富の拡大を充分に享受することはできません。

 

それと、しっかり時間をかけること。

 

短期間の売買を繰り返してしまっては、富が育つ暇がなく、ただの「投機」、それこそギャンブルになってしまいますからね。

 

そうは言っても、大切な資金を、株などで運用するのは怖いですよね? 

 

もちろん資金が減ってしまうリスクはありますから、気軽に始めて!とは口が裂けても言えません。

 

そんなときは、このブログをどうぞ! 

 

勇気が出るまでのあいだ、疑似体験していってください。

 

やっぱり資金運用やらなくてよかった・・・、と思われないように頑張ります!