億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、37歳現在、資産額5,300万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


大混戦! 中国の決済アプリの事情

ユニオンペイ(China Union Pay/中国銀聯)は、中国の銀行カード連合組織です。

 

中国を中心に、デビットシステムとクレジットカードのブランドを構築しています。

 

中国からの訪日客が、たくさん買い物をしてくれているので、その存在は日本でもおなじみですね。

 

12月11日、ユニオンペイが決済アプリに進出しました。サービス名は「クイックペイ(Quick Pay/銀聯雲閃付)」です。

 

中国の電子決済市場は、テンセントの「微信支付(WeChat Pay)」とアリババ系の「アリペイ(Alipay/支付宝)」の独壇場です。

  

ユニオンペイの「クイックペイ」は、支払い機能に加えて、口座の管理や決済、開設までカバーできる利便性を、消費者に訴求するそうです。

 

安全性がより高いことも、強みだとされています。既存サービスでリスク保障を培ってきました。

 

ただし、僕の周囲にいる中国の友人たちは、既存の2大電子決済サービスの安全性に、疑問を感じていないようです。

 

f:id:yabure-kabure:20171213225358j:plain

 

「クイックペイ」の名前自体は新しいものではなく、今までもNFCによる支払いサービスとして存在していました。

 

スリッドや差込み式のスキャンでなく、支払い端末の上におくだけでカードが認識され、支払いができるサービスです。

 

便利ではありますが、利用者拡大や維持にはつながらず、現在の「微信支付」や「アリペイ」の台頭を許しています。

 

新しい「クイックペイ」が中国人に受け入れられるのか、今後の勢力分布に注視しましょう。

 

 

よろしければ、こちらもどうぞ。

中国人の個人情報に対する考え方は、世界と一線を画しています。 

www.yabure-kabure.site