億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、37歳現在、資産額5,300万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


相対的に貧乏になっちゃう

国際通貨基金(IMF)世界経済見通しによると、世界経済は、17 年は3.7%、18 年と19年はともに3.9%成長するそうです。

 

3ヶ月前のIMF予想から、少し引き上げられました。

 

投資をしている僕にとっては、うれしいニュースです。

 

富の拡大は、世界の株価総額を押し上げます。世界中の人々が頑張って、僕の資産を増やしてくれているイメージです。

 

本当に、いつもありがとうございます。

 

3.7%だなんていうと、日本にいると、かなり高率な資産拡大だと思ってしまいますね。

 

僕も以前に、年利0.1%の日本国債を購入しましたし、0.5%の学資保険を保有したこともあります。

 

学資保険については、まだ保有しています。色々と親族の事情があって、解約できないのです。

 

今や、世界は密接に関わりあっています。

 

日本にいて、0.5%の利回りで運用しているということは、世界から見れば、毎年3%以上も貧乏になっているということです。

 

富の拡大は続きます。日本人としては想定したくありませんが、日本経済が停滞したままだと仮定すると、10年間で25%も資産が目減りします。

 

25%!?

 

ちょっと衝撃ですね。

 

米国株式は、年利8%ほどの成長を平均して達成しています。その差、7.5%。これを複利で運用すると、10年で53%の差がつきます。

 

53%!?

 

開いた口がふさがらないぜ。

 

f:id:yabure-kabure:20180217224021j:plain

 

外国株式はリスクが大きくて、手が出せないという人が多数います。

 

おー、その感覚、すげーぜー。

 

僕に言わせれば。10年で53%も貧乏になるほうが、よっぽど怖いです。

 

しかも、日本円で給料をもらっているし、年金も円建てだし、そもそも日本人だし。

 

日本への依存度っぷりは、この上ありません。

 

外国の金融商品を保有していないってことは、世界の変化に乗れないってことです。

 

日本でゆっくりしていると、知らないうちに貧乏になります。

 

日本でサラリーマンをやっている僕たちは、日本にリスクが集中することを避けるためにも、給料を投資に回して、海外資産を形成する必要があります。

 

 

僕は日本という国が好きです。

 

外国金融商品で稼いだ運用益は、日本で消費し、日本が景気のいい元気な国になれば良いなと思っているのでした。

 

それでは、今週も頑張りましょう。