億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、37歳現在、資産額5,200万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!



「東京ワイン会ピープル」を読んだ

本をジャケ買いしました。「東京ワイン会ピープル」です。

 

タイトルと表紙が、素敵なバカバカしさを感じさせます。

 

なるべくリッチな環境で読むとハマると思います。僕は空港のラウンジで読み、やられました。

 

東京ワイン会ピープル

東京ワイン会ピープル

 

  

社会人4年目のOLが、ワインの魅力に目覚めていきます。

 

そのOLは、麻生十番で一人暮らししていて、クラスで3番目に入るくらいに容姿もいい。

 

どうしたって表紙のイラストを投影しちゃうので、めちゃかわいい女性を想像しながら読むことになります。

 

彼女はワイン会に参加して、ワインにはまっていきます。ワイン会の参加者は、ベンチャー社長やらモデル、医者や弁護士など。きらびやか放題なゴージャス感。

 

どのワインがおいしいだの、あんな光景が浮かぶだのとワインの感想も供述されます。ワインが高価すぎて、この辺は想像が追いつきません。

 

よほどワインが好きとか、詳しくなりたいとかでなければ、ワイン話は、ちょっとしたアクセサリー感覚でいいと思います。ストーリーも、とりあえず追う感じ。

 

設定で読めます。素晴らしく、くだらなさすぎる。

 

教養が高められるとか、刺激を受けるとか、高尚な見返りは期待してはいけません。ただただ、くだらなさを楽しむのです。

 

東京カレンダーの港区おじさんが好きなかたは、ビタハマりすること間違いなしです。

連載「港区おじさん」の記事一覧[東京カレンダー]