億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、38歳現在、資産額5,700万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


【WM】ゴミ業者ウエイスト・マネジメント4Q決算

 

北米のゴミ処理企業大手ウエイストマネジメントの10-12月決算が報告されました。

  

売上、利益ともに市場予測を上回っています。純利益は2018年を通して増加しました。

  • 売上  :$3,842 million(昨年同期比5.2%増)
  • 営業利益:$767 million(昨年同期比8.9%増)
  • 経常利益:$659 million(昨年同期比12.8%増)
  • 保有現金:$560 million(昨年同期比62.8%増)
  • EPS : $1.13-(昨年同期比32.9%増)

 

ゴミ収集と処理事業の売上拡大が、業績の向上要因です。

リサイクル事業は再利用資材の値段が低迷し苦戦していましたが、10-12月四半期では持ち直しています。価格戦略が奏功しました。

 

間接費も目標の10%に圧縮され、利益率の向上に貢献しています。

 

決算を受け、市場全体が0.27%落としているなか、ウエイストマネジメントの株価は0.28%上昇しました。

 

f:id:yabure-kabure:20190215225420j:plain

(WM 株価チャート 6ヵ月)

 

2019年度の収益見通しが3%アップであることも発表されています。配当は10.2%アップし、自社株買いに回される資金は50%も増強されます。


2018年も株主還元に$1.8billionが費やされていますが、配当余力はまだまだ充分です。

 

ウエイストマネジメントは順調に株価を伸ばしており、2年間で37.5%も値上がりしました。

 

今回の決算を見ている限り、当面は勢いが持続しそうです。

 

僕は330万円を投資しており、個別株のなかでは保有率が一番高いため、これ以上の買い増しは考えていませんが、売る理由もないので保有を継続します。

 

僕がウエイストマネジメントに投資しているのは、リサイクルに貢献する企業を応援して環境問題に取り組むためです。

 

地球に優しくおカネも儲かる。Rich&Ecoなウエイストマネジメントから目が離せません