億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、37歳現在、資産額5,200万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


【GE】買いの一択

ゼネラル・エレクトリック(GE)は、エジソン祖業の複合企業体であり、在りし日は世界時価総額1位に君臨していた名門企業です。

 

そのGEが、ついにダウ平均から除外されました。

 

ダウ平均指数は、構成銘柄の株価の平均です。GEの株価は$13あたりで推移しており、値がさ株であるボーイング(BA)4%に過ぎません。

 

重要度が低下しており、入れ替えは確実視されていましたが、終にこの日を迎えました。

 

これも、時代の流れです。

 

GE100年を超えてダウ構成銘柄であり続けました。GEが外れることで、創設時からの構成銘柄は完全に姿を消すことになります。

 

今までありがとう。僕は、GEのこと忘れないよ。

 

ダウ平均に連動する金融商品は、代わって組み入れられるドラッグストア銘柄のウォルグリーン・ブーツ・アライアンス(WBA)を購入します。

 

株価が低迷して高配当になった銘柄を購入する、いわゆるダウの犬戦略からも外れます。

 

大量の売却は必然です。こうして、伝統ある企業も華々しい舞台から遠ざかっていくのでしょう。

 

f:id:yabure-kabure:20180623113708j:plain

 

ついに、来ましたね。買い場の到来です。

 

僕はすでにGE80万円分ほど保有しているのですが、買い増しのタイミングを待っていました。

 

業績不振や減配などと悪材料が頻出し、下げ止まらないGE株。そのトドメの一撃がダウ除外です。

 

発表後、ペーパーゴールドを売却して購入資金を捻出。米国市場の寄り付きで、55万円分の購入を即完了させました。

 

6/20 購入 GE  US$12.78 420株)

 

2年前の株価の、6割引きで買えてしまったやないか・・・。

 

徹底的に市場に悲観されているGEの保有に、不安がないとは言えません。これまでの貧弱な推移に耐え、未だにホルダーでいることが奇跡的ですらあります。

 

僕が保有している個別株は、売上が拡大し続け、財務状況に心配のない優良銘柄ばかりです。

 

危機に瀕し、有利子負債にあえぐ、崖っぷち銘柄を織り交ぜておいたほうが、華があるってもんですよ。ちくしょー。

 

もちろん、買い増しまで行うのは、GEが復活すると期待しているからです。名門中の名門企業なので、優秀な人材が豊富ですからね。

 

結局、企業の成績は人に帰結します。厳密に設計された評価システムを勝ち上がり、渦中の再建を託されたジョン・フラナリーCEOに期待です。

 

再度の配当減額が発表されたら、また株価は暴落するでしょう。超長期での復活を期待し、しばらくはGEのことを忘却の彼方に押しやります。

 

GEを保有すること、それは涅槃にも似た、一縷の光を見出す神聖なる行為なのです。