億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、37歳現在、資産額5,300万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


宵越しの銭

手元におカネを残さないのがカッコいいという価値観があります。

 

おいらは宵越しの銭は持たないぜ。あら素敵、なんて粋なのかしら。

 

なんじゃそりゃ。

 

いや、構わないんですけどね。僕はそうではありません。

 

蓄財が大好きです。おカネが貯まっていくのが楽しすぎる。

 

着実に増えていく口座残高を眺めながら、夜更けにウイスキーをチビチビ舐めるのが何よりの悦びなのです。

 

嘘ですよ。本当だったら、そいつヤバイでしょ。

 

大学生の頃は、常におカネを使い切っていました。

 

無計画に散財してこそ男だと思っていたのですね。タバコ吸っている僕カッコいい的なやつです。

 

余りにも何も考えていないので食費に困り、20歳の夏は実家から送られてきたソーメンしか食べませんでした。

 

身体の肉が削げ落ちてガイコツみたいになりましたね。顔を洗うと、コメカミの窪みっぷりに驚くのです。

 

あの夏、お盆で帰郷したときの母親の優しさが忘れられません。

 

f:id:yabure-kabure:20180719230917j:plain

 

生活費と暴落相場に備えた購入資金を残し、余剰資金はすべて金融資産に投下しています。

 

ある意味、宵越しのカネをもたないのと同義ですね。あの夏から、なにも変わっていないな。

 

最近は、手元に資金を残しています。相次ぐ香港株のIPOに応募するためなのですが、ソワソワして落ち着きません。

 

株を買いたい欲求が湧き上がってきて困っています。

 

高配当株が欲しいし、ハイテク株も魅力的だし、インデックス型のETFを購入しておけば儲かる気がして仕方がない。

 

あー、買いたい。

 

手元に資金を置いておいてはいけません。

 

衝動買いをしないためにも、余剰資金はすべて投資しておきましょう。

 

株が値上がりすると嬉しいのですが、配当金が支払われることもあるので注意が必要です。

 

なんだよー、困っちゃうな。またおカネが来ちゃったよ。

 

配当金は豪快に使い切ってしまいましょう。

 

宴会? そんなことしませんよ。保有株を買い増しするのです。

 

宵越しの銭は持たない。ええじゃないか。