億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、37歳現在、資産額5,200万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


【LRCX】【AMAT】売って【VTI】【LVX】買った

半導体製造装置メーカーのラム・リサーチ(LRCX)とアプライド・マテリアル(AMAT)の株価が10%ほど上昇したため、売却しました。

 

7/27 売却 LRCX @$188.00- x 48株

7/27 売却 AMAT @$49.00- x 175

 

売却は以前から計画しており、機会を待っていたのです。 

www.yabure-kabure.site

  

株価上昇は、悲観されていた決算が予想より良かったためです。上昇といっても、下落していた分を少し回復したに過ぎず、4ヶ月前に記録した高値の8割程度を推移しています。

 

半導体はIoTAI技術の根幹であり、これからの需要や重要度は揺るがないと考えています。半導体製造装置メーカーは、その半導体を作る装置を製造しているのです。基幹中の基幹ビジネス。ええやないか。

 

しかし、あまりにも値動きが激しすぎます。貿易戦争の影響を真正面から受けるし、景気動向にも敏感すぎます。5%程度の値動きは日常茶飯事で、10%以上の変動も珍しくありません。

 

一時期は2銘柄合わせて300万円ほど保有していました。ゆっくり寝て、爽やかに目覚めたら、月給分のおカネがなくなっているのです。僕の1ヶ月間の労働ってなんなのだろう。

 

起床してそのまま気絶するような日々に耐え切れず、売却を決意しました。

 

 

売却金で購入したのは、VTIとラスベガス・サンズ(LVS)です。

 

8/01 購入 VTI @$145.40- x 70株

8/02 購入 LVS @$67.60- x 70株

 

VTIは、ほぼすべてのアメリカ株を網羅するインデックス型ETFです。上がるときも下がるときも、みんな一緒の安心感。自分だけ抜け駆けようなんて、欲張ったことを考えてはいけません。みんなで裕福になればいいじゃない。

 

超長期的にアメリカ株へ投資しておくと儲かるらしいです。しかも年利は8%ぐらいらしい。ええやないか。

 

ETFだけだと退屈すぎるので、投資額の半分は個別株に割り振るようにしています。8%でも充分なのですが、ほら、やっぱり多めに儲けたいじゃないですか。

 

ラスベガス・サンズは、マカオでの利益がグループを支えるカジノ銘柄です。決算を受けて株価が低迷していたため追加購入し、保有総額は250万ほどになりました。

 

今回の買い替えで、保有株を10銘柄まで絞り込めています。今後は銘柄数を減らすことはあっても、増やすことは考えていません。

 

1銘柄あたりの保有額が膨らんでおり、ドキドキが止まらない資産運用になってきました。

 

南米のメルカドリブレや中国のテンセント、インド株のインフォシスといった、値動き要因の多い銘柄が多いので、半導体銘柄を手放したからといって油断は禁物です。

 

全財産を米国株に投下する阿鼻叫喚を、図らずも、今後もお届けできてしまうことでしょう。

 

 

よろしければ、こちらもどうぞ。

半導体関連銘柄の前途は明るいと考えています。ただし、激しい値動きに耐えうる精神力が試されます。 

www.yabure-kabure.site