億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、37歳現在、資産額5,200万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


「「がん」にならない方法を教えてください」を読んだ

ピロリ菌の検査を受信し、陰性の結果を受け取りました。

 

よかったー。

 

ピロリ菌は胃がんの原因になるウイルスです。陽性だとしても殺菌処置できるのですが、とりあえず一安心です。

 

ピロリ菌の検査結果を受け取ったのを機会に、以前読んだ癌予防の本を読み直しました。

  

難しいことはわかりませんが、「がん」にならない方法を教えてください!

難しいことはわかりませんが、「がん」にならない方法を教えてください!

 

  

日本人の半数以上が癌になります。肺がん、胃がん、大腸がんがとくに死亡者数が多く、癌による死因の約半分を占めています。

 

生存率を高め病後を順調に過ごすためには、初期段階での発見が重要です。医者や病院を過剰に信頼することなく、自分の健康は自分で守りましょう。

 

まだ若いし、人間ドッグで検査しているからといって安心してはいけません。

 

人間ドッグでは肺がんはX線、胃がんはバリウム、大腸がんは検便で検査します。残念ながら、初期状態の癌を発見できる可能性が低い検査だそうです。

 

初期状態で発見するための検査は以下の通りです。左側は人間ドックの通常の診断方法です。

 

肺がん:X線→CT

胃がん:バリウム→内視鏡

大腸がん:検便→内視鏡(ポリープ検査)

 

女性であれば乳がんも気になりますので、マンモグラフィーではなく、エコー検査を受けておきましょう。50歳以上になったらマーカーによる前立腺検査も必須です。

 

乳がん:マンモグラフィー→エコー

大腸がん:マーカー検査

 

 

 

癌のリスクを高めるウイルスは除菌によって対策できます。ウイルスの保持有無検査や、ワクチン接種が効果的です。

 

胃がん:ピロリ菌 > 保養していたら殺菌

肝臓がん:肝炎ウイルス > ワクチン接種、肝炎があれば治療

 

女性であれば子宮頸がんを引き起こす、HPVウイルスのワクチンも摂取しておくといいです。

 

子宮頸がん:HPVウイルス > ワクチン接種

 

癌には初期症状がなく、痛みを伴わないので自覚症状が出てからでは手遅れです。適切な検査を受診し、素敵な人生を歩む。僕とあなたとの約束です。