億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、37歳現在、資産額5,200万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


ペディキュアと共に夏が終わる

夏が去り、長女がペディキュアを落としています。

 

なかなか詩的な光景です。足の爪に塗られた青色が損なわれ、秋が訪れる。

 

長女は小学2年生です。こらこら。色気付くには早すぎるだろ。

 

ネイルは僕が買ってあげました。だって、欲しいって言っていましたらからね。それに青色は彼女によく似合うのです。

 

父親は娘に弱くていけません。

 

化粧品の相場がよく分からないのですが、かなり高級なネイルだったようです。妻が率先して使用していました。

 

ペディキュアを塗ってもらえるのは夏休みの間だけです。オシャレを喜んでいる姿はいじらしいのですが、やりすぎると不良への入り口になりかねないので心配です。

 

長女は髪が長く、外遊びでしっかり日焼けし、日中はキャミソールと短パンで過ごしています。ギャルやがな。くれぐれもアホな男子には気をつけなさい。

 

f:id:yabure-kabure:20180901194621j:plain

 

子どもは大人のフリをします。成長する姿をイメージし、大きくなっていくのでしょう。

 

僕はすっかり背伸びをすることを忘れてしまいました。次のステップを目指して、形からだけでも求める人物像のマネをしなくてはなりません。

 

サラリーマンをやっている僕だったら、重役のフリですね。

 

ゴルフで日焼けし、顎ヒゲを伸ばして、ピチッとしたスタイリッシュなスーツを着るのです。相手への呼称は、「キミ」で決まり。

 

絶対嫌だな。

 

今週も頑張りましょう。