億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、37歳現在、資産額5,200万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


休もう

休みの日が楽しくて楽しくて、どうにかなりそうです。

 

習い事したり、買い物したり、公園で遊んだり。資産運用の結果も確認しなきゃいけないし、ブログ記事の書きだめも必要です。妻と家庭の方針を話し合えるチャンスは週末にしかないけれど、本も読みたいぜ。自慢の麻婆豆腐も作りたいし、ぬうぉぉぉ。

 

昭和は週休1日でした。どうやって精神を保っていたんだ。

 

休みを満喫しなければなりません。そのための人生だし、そのためにサラリーマンをしているのです。出勤日に身体を休め、休日に備える必要があります。

 

サラリーマンを始めた頃、週末はしっかり休養して体調管理に気を配るように言われました。

 

そんなバカな。いったい何が楽しくて人間やっているんだ。

 

僕は騙されませんよ。もっともらしく聞こえるけれど、そんなものは事業主からの罠です。いっそ、働いたら負けだと思っている。

 

f:id:yabure-kabure:20180915172707j:plain

 

僕は労働力と時間を会社に捧げて賃金を得ています。今月も給料をありがとう。

 

給料は貴重な収入源ですが、労働に精を出して休日に英気を養っているようでは億万長者になれません。労働力も時間も限りがありますからね。

 

まだ資金力が充分でないので避けられませんが、労働は資産家階級へ突入するための手段に過ぎません。埋没してしまうと周りが見えなくなって抜け出せなくなります。

 

資産家は、労働ではなく資金で稼ぎます。映画館でポップコーンをコーラで流し込んでいればおカネが増える。平日に行けるからチケットは安いし、席も選びたい放題。ははは、おもろ。

 

遊びや趣味を仕事にすることも素晴らしい人生です。好きなことをしているだけのに喜んでくれる人がいて、おカネをくれる。ええがな。

 

仕事が趣味だという人もいます。ちょっと意味が分からないけどね。毎日同じ場所に行って同じようなことして組織の一部であることに誇りを持つ。貴重な時間を浪費してでも働きたい理由がそこにあるんだ。

 

もうね、立派。そこまで埋没できれば楽しいでしょう。残念ながら僕は罠に気付いてしまったので億万長者を目指して頑張らざるを得ません。

 

資産家階級の成立には労働者の奉仕が不可欠です。サラリーマンの僕たちは、休日はどこにも行かずに休養し、勤務日には身を粉にして働きましょう。

 

ちくしょー。