億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、37歳現在、資産額5,200万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


投資状況 2018年11月第1週

ヨルダンのペトラ遺跡で土石流が発生しました。生命に関わる被害が出ていないことを切に祈るばかりです。

 

ペトラ遺跡はインディー・ジョーンズの舞台にもなっており、世界中の観光客が訪れる人気遺跡です。狭く切り立った暗い崖底を抜け、朝日輝く神殿が眼前に現れたときの神々しさ。

 

僕が訪れた10年前は、首都アンマンから遠く、ツアーはバックパッカーには高額だったので、丸一日かけてローカルバスを乗り継ぎました。

 

雨季には局地的な洪水が起きることもあったそうですが、僕が現地にいたら、多少の雨が降っていても、やっぱり観光に出かけてしまっていたと思います。憧れの遺跡がすぐそこに迫っているのです。

 

今回の報道には身を慎む思いです。命を最優先に注意を怠らず、現地の警告には素直に従わなくてはなりません。昨今は異常気象のニュースも多く、自然への畏怖の念に駆られています。

 

 

さて、今週の投資状況を見てみましょう。

 

f:id:yabure-kabure:20181110132808j:plain

 

7万円のマイナスです。

 

上がって下げての繰り返し、これで5週目です。んじゃ来週はプラスになるな、配当金は出ているから気にしなくていいや、ほほほ、なんて油断していると、マイナス週が連続するのです。そんなもんです。

 

中間選挙が終わって値を戻していた印象でしたが、米国株は上げていたものの、日本株と中国株が足を引っ張りました。保有割合が15%しかないことを考えると、いかに下落幅が大きかったのかが分かります。

 

これからも、米国市場の1人勝ちが続きそうです。だからといって、米国株に保有を集中させると下落するのです。そんなもんです。

 

 

続いて、グロース投資とバリュー投資の成績比較です。

 

f:id:yabure-kabure:20181110134630j:plain

 

市場連動型のETFが個別株を凌駕し始めました。

 

グロース投資成績とバリュー投資成績の中間で、安定した利回りを発揮してくるのだと想定していたのですが、エース級の働きです。

 

市場は個別株の集合体なので、僕が選ばなかった銘柄が好調だということです。自分の銘柄選びのセンスのなさに愕然としています。

 

半導体銘柄は散々だし、新興国株式も元気がありません。GEに至っては、割安株としてベンチマークしていますが、ただの激安株です。誰だ、割安株なんて配当利回りで選ぶだけだから簡単だって言っていたやつ。俺だよー

 

長期視点で検証を続けます。