億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、37歳現在、資産額5,200万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


全力投資の精神実験

我が家では保有資産の9割を運用に回しており、さらにその9割が株式投資です。証券会社の運用診断では、過剰なリスク水準と判断されます。

 

3か月分の生活資金は残しているし、緊急買い増し資金も留保しているので、無謀な突撃だとは思っていませんが、まぁ、なかなか刺激のある毎日です。

 

朝起きたらボーナス分の資産が消失していて、落ち着こうと炭酸水を飲もうとしたらビールだったことがありました。Oh, Yummy

 

僕が全力で株式に資金を投下しているのは資産を増やしたいからですが、精神実験も副次的な収穫です。

 

資産増減への耐久性確認は言うまでもありません。実際の危険に晒されることで、自分のリスク許容度を図ることができます。

 

加えて、資産の増殖を実体験に落とし込めることも、貴重な経験です。

 

我が家は4,000万円まで投資額を増やすことに成功しており、あとはおカネがおカネを稼いでくるでしょ、人生楽勝ヤッターと思っていましたが、楽隠居できるほどには増えません。

  

安定銘柄中心の分散投資が最適解だと判断しているのですが、爆発的な利益をもたらす投資法ではないため、期待出来るのは年間7%ほどの資産拡大です。その7%にしても、徳の拡大を享受したいので取り崩せません。

 

確実に手元に入ってくる運用利益は配当金だけです。僕の保有株で得られるのは80万円ほどで、複利の効果を得ようと再投資しています。配当金を目的に保有株を高配当銘柄だけに切り替えても配当獲得は150万円が限度でしょう。

 

f:id:yabure-kabure:20181104221311j:plain

 

子供たちに不自由させず、妻のヨガ代を捻出し、晩酌ビールは本物を飲む。資産運用だけですべてを補おうとするのは無謀です。

 

一撃必殺系の投資をすれば可能性はあるものの、人生オワッターの危険が付き纏います。資産運用のほかにも収入源が必要であることを痛感しました。

 

なんとなく資産運用で儲かっているからと安易に収入源を断ってしまうのは危険です。僕は、実はそのつもりでいたので、運用の利益額に拍子抜けしてしまいました。

 

セミリタイヤやアーリーリタイヤを検討している人は、安定してキャッシュが入ってくる状況でのシミュレーションをおススメします。