億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、37歳現在、資産額5,300万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


洗濯機が壊れた

早めの出勤電車に揺られる僕に、妻からのラインが届きました。洗濯機を動かすと家中のヒューズが落ちるらしい。なにそれ、めっちゃ困るやん。

 

メーカーに問い合わせたら、内部の配線に異常がありそうだとのことです。漏電の心配があるので動かさないようにと注意を受け、交換対応をしてもらえることになりました。よかった、よかった。

 

新しい洗濯機が到着するのは3日後です。それまでは手洗いで乗り切らなければなりません。

 

衣類の手洗いは骨の折れる作業で、1人分の衣類でも20分ほどかかります。我が家は5人家族なので、相当な労働です。

 

でも、大丈夫。僕は海外を放浪していた時期があるので、洗濯物の手洗いには慣れています。足踏み洗いで汚れを大まかに落とし、汚れやすい箇所をこすり洗いして、きつく絞ることがポイントです。

 

帰宅後、洗濯に取り掛かろうと思ったら、全部洗われています。あれれ? 結構な量の洗い物が溜まっていたはずだよ。様子が変だよ。

 

妻がすべて洗ったとのことです。物干し台には洗われたばかりの衣類が揺れていました。脱水しきれない滴がポタポタと垂れていて、インドの安宿を思い出させます。

 

ウソでしょ。生活力が凄すぎる。

 

クリーニングとか近所の人に使わさせてもらうとかの選択は思いつきもしなかったらしいです。そして辿り着いたインディアンスタイル。ナマステー

 

f:id:yabure-kabure:20181116221510j:plain

 

とっさの対応に人間としての力量が問われます。

 

無理はしないこと。諦めもしないこと。出来ることを、ただ淡々とこなすのです。

 

対応しきれないときは、誰かが助けてくれます。僕たちサラリーマンは組織で動いているので、チームからのサポートを得られることでしょう。

 

えっ、誰も助けてくれない? 

 

参りましたね。そんなときには、ただ淡々と辞表を提出してみてはいかがでしょう。そしてインドで人生を見つめなおすのです。

 

今週も頑張りましょう。