億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、37歳現在、資産額5,300万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


コントロール視点のリスク管理

ルーレット盤を走る玉が、赤のポケットに止まるのか、それとも黒なのか。僕には決めることはできません。

 

それこそがギャンブルの魅力で、20代はカジノやスロットに夢中でしたが、今では距離を置くようになりました。自分でコントロールできない状況からは、可能な限り身を遠ざけるようにしています。

 

自分の力が及ばないところで右往左往することに飽きたのです。

 

もちろん、僕なんてちっぽけな存在で、なんともならないことばかりです。だからといって、選択することを放棄したら、もはや存在すらも他人に委ねてしまう。それって、生きていると言えるのか。

 

サラリーマンの継続は僕だけの判断で完結しますが、出世したいとなると周囲から評価が必要です。はい、それアウトオブコントロール。

 

f:id:yabure-kabure:20181116225223j:plain

 

資産運用は研究や分析、選択ができるので、環境に影響を受けながらも主体は維持できます。ファンドマネージャーに信託すれば依存度は高まるし、債券を選択すれば値動きの掌握が容易です。

 

株式投資は、さらにその中間です。よく分からない銘柄に投資することは資産運用のハンドルから手を放すことになりますが、しっかり理解している企業の株式を保有すれば自己管理の度合いが高まります。

 

僕のリスク管理は、コントロールできているかがポイントです。株価が下落しようが、納得して保有している銘柄であれば慌てる必要はありません。大きく損をしても、自分の力不足を反省し、今後の糧にすることができます。

 

市場の動向や政界経済の行く末を楽しむことができるのは、自分で管理できる範囲を明確にしているからこそです。期待もしていなかったのに、うっかり昇格したときのように。

 

人生をほかの人に委ねないように、自分の資金も自分でコントロールしようと思います。