億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、37歳現在、資産額5,300万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


【中国語検定】HSK5級を受けてきた

HSK5級を受験してきました。

 

HSKは中国政府公認の中国語検定試験です。

 

5級は2番目の難易度で、新聞を読んだり、スピーチできるレベルが求められます。

対策については、こちらをどうぞ。

www.yabure-kabure.site

 

 

直前に模擬試験を受け、実力を計りました。

感触は以下の通りです。

  • リスニング 〇
  • 読解 ◎
  • 作文 △

 

中国ドラマ視聴が奏功し、リスニング力と読解力は5級レベルに追いつきました。

 

指定単語を使用する描写問題が課題です。知っている語彙と、用法が確信できる言い回しで文章を作るのが難しい。漢字80字が課題なので、それなりのボリュームも求められます。

 

f:id:yabure-kabure:20181128235507j:plain

 

試験会場に到着し、定刻とともに試験がスタートしました。

 

  • リスニング

なぜか気持ちに余裕があり直前まで洋楽を嗜んでいたため、脳が中国語に切り替わるまでに時間がかかりました。なぜ中国語を聞いておかなかったんだろうか。

耳が慣れてきてからも、模擬試験よりも読み上げが早口で聞き取れません。本番レベルを再現できていない模擬試験って、どうなんだ。

 

  • 読解

日本人は漢字の意味が分かるので簡単です。ここを落とすようなら、中国語の前に日本語を勉強しなおした方がいい。

と思っていましたが、難しいやないか。模擬試験よりも語彙のレベルが高く、意味が掴めない。長文問題は頑張って読み込みましたが、内容に賛同できずに苦労しました。思わぬ障壁です。

 

  • 作文

前半の並べ替え問題は容易に回答できました。続いて、問題の描写作文です。 

指定されている単語の汎用性が高く、文章を作りやすかったです。眠くなることは自然の摂理であることと、睡眠確保の重要を主張し、ソウイージンティエンウォブガンジャーバンで締めておきました。採点者の爆笑は必死です。

これで落ちたら、採点者のユーモアセンスがヨウウェンテイ。ブシューウォダウェンティ。なんのこっちゃ。

 

 

結果は1か月後に発表されます。無事に突破出来たら、次はいよいよ最高難易度の6級です。まずは模擬試験で実力を試してみようと思いますが、難易度は再現できているのだろうか。甚だ疑問です。