億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、38歳現在、資産額6,400万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


「健康の結論」を読んだ

なるべく長生きしたいです。家族が出来てから人生が楽しくなり、そう思うようになりました。

 

 それまでは、死ぬために生きている感覚でした。

 

武士道と云ふは死ぬ事と見つけたり 引用:山本常朝『葉隠』

 

そんな潔いことでは、もちろんありません。生きていくの辛いなと思っていただけです。特に嫌なことがあった記憶はないので、感じやすい少年だったのですね。

 

せっかく長生きできても、ヨボヨボでは人生を楽しめません。健康に歳を重ねられるように、予防医学について勉強してみました。 

 

健康の結論

健康の結論

 

 

予防医学は、資産運用のリスクとリターンのようなものです。

 

副作用などのデメリットがあるため合理的な判断が必要で、充分な知識の蓄積が求められます。リターンの総合値が高い場合には、むしろリスクを取らない方が危険です。

 

例えば、ウイルス系の病気にはワクチンが有効です。ピロリ菌による胃がんや肝臓がんを引き起こす肝炎ウイルス、子宮頸がんのHPVへの予防が可能です。

 

大腸のポリープを発見する内視鏡検査や歯周病予防、本書での記載は少ないですが、緑内障の眼圧検査は早期対処が肝になります。

 

心臓発作に対処するためのAED使用方法、脳卒中の前兆症状は知っておくだけで有効です。発症してからの数分で生死が分かれます。

 

本書は辞典的な用途には適しませんが、意識向上と予防できる症状への理解を深めるには有意義でした。

 

興味深かったのは、冒頭の2割がメンタル不調について割かれており、働き方への提言が行われていることです。

 

心の病も病気の1つだと捉えれば、ストレスフルな仕事ほどの病原菌はありません。豊かな人生のために頑張っていても、精神状態が劣悪では、人が生きる歓びが阻害されてしまう。

 

年老いてからの後悔は、健康についてのことばかりだそうです。もっと業務に励めばよかったとは思わないらしいので、安心して仕事に手を抜き、健康に気を遣おうと思います。