億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、38歳現在、資産額6,300万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


お年玉の使い道

 

子どもたちがお年玉を稼いできています。

 

懐かしいですね。近所の子が5万円を超えていて羨ましかったのを覚えています。僕は3万円が最高でした。

 

ねぇ妻、いくらぐらいもらっていた?

 

10万円くらいかな

 

バブリー! それ、僕が住んでいた地方なら、隣町にまで噂が広がるレベル。

 

f:id:yabure-kabure:20181230175222j:plain
 

お年玉の回収が落ち着いたら、郵便局に預けていました。

 

定期預金もいいですが、普通預金は利子が小刻みに支払われるので楽しみが増えます。

 

僕が小学生のころは利率が高く、普通預金でも3%を超えていたのです。

 

学校からの帰り道に郵便局に寄って記帳し、膨らむ利子を確認することが楽しみでした。

 

通帳を見てニヤニヤする小学生。ヤバいですね。

 

家中の小銭をかき集めて口座に投入し続けていました。親の財布から抜き取り、貯金したこともあります。こらこら

 

郵便預金が、僕の資産運用の原体験なのだと思います。

 

日ごとに価値が膨らんでいき、かつ流動性が担保されている金融商品が当時から好きでした。

 

今でも、家計の余剰資金を集め、金融市場に投下し続けています。

 

僕は大人になったので3%で満足することなく、更なる高みを目指していこうと思います。