億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、38歳現在、資産額5,900万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


【LVS】カジノ運営ラスベガスサンズ4Q決算

 

カジノホテルを運営するラスベガスサンズ(LVS)の10-12月決算が報告されました。

 

売上も利益も、市場予測を下回っています。

  • 売上  :$3,475 million(昨年同期比2.5%増)
  • 営業利益:$0.874 billion(昨年同期比15.0%減)
  • 経常利益:$0.742 billion(昨年同期比20.4%減)
  • 補油現金:$4,650 million(前回決算比2.5%減)
  • EPS:マイナス$0.22-(昨年同期$1.53-

 

前期決算はこちらをどうぞ。 

www.yabure-kabure.site

 

主要売り上げ先のマカオは売り上げを9.7%伸ばし、7.6%の増益でした。カジノ事業が総じて好調です。

 

足を引っ張ったのは、シンガポールとラスベガスです。

 

特に、シンガポールのマリーナベイサンズは11.6%も売り上げを落とし、利益は20.8%も減少させています。カジノ売り上げの低迷が響きました。

 

アメリカの税制改革対応の損失も発生し最終損益はマイナスに転落しています。

 

税金の影響を差っ引いても、利益は昨年同期と比べて減少傾向でした。原価償却とマカオ事業への投資が響いています。

 

決算翌日の株価はマイナス1.61%でした。

  

f:id:yabure-kabure:20190125203804j:plain

(LVS 株価チャート 6ヵ月)

  

決算内容が良くなかった割には、市場の動揺が小さかった印象です。

 

ラスベガスサンズの株価は変動が激しく、5%程度の値動きが頻発します。10%近くの落下を覚悟しちゃったよ。

 

決算はよくありませんでしたが、保有を迷うような内容でもありません。

 

僕がラスベガスサンズを信用する根拠は、マカオのカジノに余剰資金が集まることです。

 

マカオ事業は堅調だし、利益の減少もFour Seasons Tower Suites Macao St. Regis Tower Suites MacaoThe Londoner Macao3つの新ホテル建設のためです。

 

さらに拡大されるマカオ事業が、富の増加が著しい中華圏のあぶく銭を回収し続けることでしょう。

 

2019年の年間配当は2.7%の増配が発表されました。配当率は5.52%。素晴らしい!

 

世界の富裕層がギャンブルで負けた資金を株式を通じて回収し、着実に僕の資産に組み入れ続けようと思います。