億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、38歳現在、資産額5,200万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


【T】通信会社AT&T 4Q決算

 

世界最大級の通信会社AT&Tの10-12月決算が報告されました。

 

利益は市場の予測通り、売上は市場予測を上回っています。

  • 売上  :$48.0 billion(昨年同期比15.2%増)
  • 経常利益: $4.9 billion(昨年同期比74.5%減)
  • EPS : $0.86‐(昨年同期比10.3%増)
  • 保有現金: $7.9 billion(昨年同期比78%増)

 

前年度の経常利益が大きいのは、税制改革の影響です。実際には増益しました。

 

最重要ビジネスの携帯電話サービスは、契約数が伸びたものの、市場の予測は下回っています。

 

契約テレビ番組や配信サービスは、競合他社への流出が止まりません。プロモーション終了が流れを加速させています。

  

一方で半年前に買収したワーナーブラザースの事業は好調でした。

 

決算当日の株価は4.33%下落です。

 

えっ!? そんなに悪い決算だった?

 

f:id:yabure-kabure:20190131200204j:plain

(T株価チャート 6ヵ月)

 

僕はAT&Tの株式を200万円ほど保有しています。

 

業績拡大にはあまり期待できませんが、配当が魅力です。なんといっても年利7%ですからね。

 

減配がなければ、税金を考慮しても20年間で投資金が回収できます。

 

そのあとの利益構造は、不動産事業と同じです。資産価値が残っていれば取り分になり、家賃が入り続けるならラッキー。

 

実際利回り5%で回れば好物件だと思いますが、AT&Tであれば株式市場で簡単に購入することができます。

 

しかも、借主が退去しないしエアコンも壊れない。

 

AT&Tの配当は今決算期から2%上がり、連続増配は35年を記録しました。

 

定期的な自社株買いも実施されていましたが、2019年は株主還元より負債返却が優先されます。

 

積みあがった有利子負債に苦しむ名門企業をいくつも見ていたので、誠実な経営だと好印象を持ったのですが、株価が下がったのは、ここがポイントだったのかな。むむむ。

 

だとしたら、むしろ買い増しチャンスの到来と捉えることもできますね。

 

よし、決算前の株価から15%ほど値を落としたら買い足そう。

 

そうしたら、配当率が8%を超えます。東京の不動産の表面利回りクラス。よろしいな。

 

AT&Tは家賃を滞納しないし火事にならないし、積立金が不足する心配もないのです。