億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、38歳現在、資産額5,900万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


配当金への考察

 

株式投資の成績は不確かです。

 

ちょっと市場が弱気になるだけで、1週間に258万円もなくなります。大丈夫だよ自信を持って。そして僕のおカネを返してください。

www.yabure-kabure.site

 

リスクを怖れて現金で保有するとさらに危険です。為替とインフレの影響が直撃します。

 

金や保険商品、債権を保有してみたことがありますが、結局は株式が優れているというのが今の僕の結論です。

 

日本のサラリーマンである僕たちは、日本への集中リスクを軽減するためにも、世界一の経済を誇る米国株が有力な投資先となります。

 

f:id:yabure-kabure:20190205223603j:plain


株価の動向は読めませんが、配当金は予測が可能です。

 

米国企業は配当金を出し続けることで安定した経営を証明します。

 

増配への意識も高く、50年間の配当王銘柄は10社、25年間増配し続ける配当貴族は50社も存在するのです。

 

日本株は配当率を維持するため、株価が下がると配当金まで下がります。株価低迷時に救いがありません。すぐに減配するし。

 

株主優待制度がアカンのだと思っています。商品券をもらって喜ぶのは利用者だけですからね。

 

世界からの資金を集めようというのに、店舗でしか使えないコーヒー無料券を配ってどうしろというのか。

 

消費者が株主になることで厳しい監督がなくなります。経営者のやりたい放題。その経営陣にしたって、サラリーマンだから無理をしようとせず保身に走る。

 

こうして日本企業はなぁなぁ体質が改まらず、衰弱していくのですよ。政府も老いた企業をすぐに補助するし。

 

...はっ! 

 

億万長者物語は資産運用ブログやった。思わず日本の行き末を憂いてしまったぜ。

 

米国株に投資する際には、いくらの配当金をもらえるかを考えることも有意義です。アーリーリタイヤを狙うのであれば、配当金が生活費用を上回れば人生上がりです。

 

優秀銘柄というマネーマシンが、海を見ながら寛ぐあなたにトロピカルフルーツジュースをお届けしてくれることでしょう。

 

その境地に達するには、我が家だと子どもが3人もいるから500万円ほどですね。配当金だけで補うには道のりが遠いですが、地道に積み上げていこうと思います。

 

2019年の配当金計画はこちらです。
www.yabure-kabure.site