億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、38歳現在、資産額6,200万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


人生は余計なことでできている

 

長男は余計な動きをします。

 

妻から余計なことをするなと叱られていますが、それって、動いてはいけないと同義語です。

 

彼の動きは、すべて余計なのです。

 

制約が多い場面でこそチャレンジ精神が発揮されます。そう、ご飯の時間です。

 

歩き回るのは当然で、横で食べる姉の髪の毛を引っ張り、大して好きでもない妹の好物を横取りしています。

 

ご飯を持つ手とお箸の手を交差させてみたり、股の間から食べてみたり。

 

来春から小学生なんだけど、大丈夫かな。怒り過ぎた先生が発熱しないか心配です。

 

何をしても怒られることを理解したようで、最近では力技を繰り出すようになりました。

 

食事中にダンスをし、注意される前に笑わせる大作戦。

 

ご飯を食べていないと怒られるので、ご飯を口に詰め込んでから踊り出すあたりには聡明さを感じます。

 

クルクルし、クネクネしてフリフリ。

 

なにがきみを、そう駆り立てるのか。自分でウケて、お米を吐き出すのはやめてくれ。

 

くたくたに踊り疲れてご飯を食べきれず、結局叱られています。

 

f:id:yabure-kabure:20190222212050j:plain
 

余計なことをしてみましょう。

 

上司がコテンパンにした部下のアイデアを絶賛して励ましたり、時系列にまとめられたファイルをあいうえお順に整頓し直したり。

 

謝罪の面会で先方の非を理路整然と説明したら面白そうだ。

 

呆れられたら力技です。

 

白熱した会議中に立ち上がり、クルクルクネクネフリフリ。抱腹絶倒間違いなしです。

 

今週も頑張りましょう。