億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、37歳現在、資産額5,200万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


買い足し準備始めました

米国株が先週金曜日に大きく落としてから、1週間が経ちました。月曜日にさらに暴落し、それから2日間はフラフラして、木曜日にもう一度大きく落としました。 

 

1週間で、10%以上の下落です。中国や香港の株式も、米国と似た動きをしています。

 

日本市場は、月曜日と火曜日には落としたものの、水曜日と木曜日は微増です。今日(金曜日)はさすがに落とすでしょうが、市場には買い足したい感が漂っている気がしてなりません。

  

そういう僕も、そこまで落ち込んではいません。そこまでは、ですよ。1週間で330万円が失われてしまいました。ここまで悲惨な状況だと、かえって冷静でいられるものですね。

 

動揺しても、どうにもなりません。溶けた330万円は戻ってこないのです。あれ、書いていたら動悸がしてきたよ。

 

いかんいかん。取りうる選択肢だけに集中しましょう。売るか買うか傍観するか。

 

売りはありえません。富豪は株価が下がったら買い、上がったときに売るらしいです。僕は富豪になりたいのです。

 

今回の値動きを暴落とは見ず、適切な株価に落ち着いたと見る向きもあります。おいおい、5営業日で10%も落ちたのが正常な値動きだったら、いつが暴落なんだ。

 

近日中に買います! 株価が落ちたときのために、買い足し資金を残しておいたのです。いつ買うの、今でしょ。

 

検討余地は2点。銘柄とタイイングです。

 

銘柄は、現在の保有株のなかから選びました。細かくてめちゃ見づらいですが、検討した数値はこちら。f:id:yabure-kabure:20180208235210j:plain

 

米国株を買い足します。割安感、配当、売り上げの伸びが検討項目です。市場が不安定なので、売上に対する現金保有比率も考慮しました。

 

P&G、ファイザー、インフォシス、AT&Tが買い増し候補です。加えて、ETFのVYMとVTIも買い増したいと思っています。シスコが次点候補です。

 

タイミングは悩みどころです。今週は止めておき、相場が安定するまで我慢します。

 

落ちた10%が数日で戻るとは思えません。ゆっくり買い進めます。なんとなくですが、来週月曜日あたりに、もう1回大きく下げる気もしているのです。

 

いつかは晴れ間が見えます。そのときには2段階に分けて、300万円を投下する予定です。

 

1st Wave

ファイザー(PFE) 50万円

インフォシス(INFY) 50万円

 

2nd Wave

P&G(PG) 50万円

AT&T(T) 50万円

VYM 100万円

 

きっちり上がったら、保有銘を柄入れ替えて3発目まで行っちゃいますよ。

3rd Wave

シスコ(CSCO) 50万円

VTI 100万円

トリトン(TRTN)売却50万円ほど

ユニリーバ(UL) 売却55万円ほど

ベライゾン(VZ)売却60万円ほど

 

判断が正しかったのかは、数か月後には判明しているでしょう。ドヤ顔で収支を報告できるのか、ほら言わんこっちゃないと蔑まれるのか。

 

前者であることを切に願います。