億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、37歳現在、資産額5,200万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


「SHOE DOG]を読んだ

SHOE DOG(シュードッグ)

SHOE DOG(シュードッグ)

 

 

ナイキ創業者、フィル・ナイトの自伝を読みました。

 

起業したい人にピッタリの本です。繰り返しの毎日に飽き飽きしている人にもおススメです。 あれ? それって、僕のこと?

 

単調な毎日は心身を消耗させ、不公平なことばかりだ。

ただ1つの解決策は、けた外れに大きくてあり得ない夢、追い求める価値があり、自分に見合った楽しい夢を見つけて、アスリートのように一心にそれを追い求めることだ。

(序文「夜明け」より)

 

なんてこった! 僕が感じていることと、まったく一緒じゃねーか。それ、まさに欲しかった助言だよ。

 

僕のために書かれた本なのか!?

 

・・・フィル・ナイトは偉大ですが、残念ながら、僕が特別な人間だとは思えません。多くの人が同様に感じているのでしょうね。

 

毎日がつまらなくて、自分の頭を打ち抜きたくなる。

金は大事だと思うが、自分の人生は金では測れないものにしたい。

(本文より)

  

この、メッセージ性。思わず、メモ帳に書き留めてしまいました。そうなんだよ、なんで僕が考えていること知っているんだよ。どっかで、僕のこと見ているの?

 

挑戦については、こんなメッセージを発信しています。

 

さっさと失敗して、それを教訓として一からやり直す時間や年月が持てればいい。

失敗したら失敗したで、さっさとそこから学んで、それをプラスに変えればいい。

(本文より)

 

こんなことを言っちゃうの、めちゃスゴイです。フィル・ナイトが味わった尋常じゃない苦労とか踏まえると、前向きに進める姿勢が信じられない。

 

詳細は本を読んでもらうとして、企業の運営とか拡大とか、精神的にキツ過ぎます。

 

僕が、120万円分の資産が減ったって大騒ぎして、寝つきが悪くなっているのとは次元が違いすぎる。

  

 

サラリーマンを辞めて、なんか楽しいことやりたい、って僕だけでなくて、結構みんなが思っていることだと思います。

 

それに対して、どこまで覚悟があるのか。

 

逆境に立ち向かっていく気概は持っているのか。

 

そして、現状に満足してしまうことの恐怖を認識しているのか。

  

考えさせられたのでした。

 

人生は成長だ。成長がなければ死ぬしかない

(本文より)