億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、37歳現在、資産額5,200万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


紙の本を読む

僕は、月に10冊ほどの本を読みます。

 

ジャンルは、なるべく集中させないようにしています。選び方にもこだわりはありません。

 

書店でジャケ買いすることもあれば、新聞の書評を参考にしたり、友人にオススメを聞いたりもします。

 

そのなかで、譲れないこだわりがあります。タブレットなどのデバイスではなく、紙で本を読むことです。

 

このご時世に、なんでかって?

 

子どもたちにアピールするためです。

 

子どもにとっては、タブレットはゲーム機ですからね。デバイスで読んでいたら、お父さん遊んでるーってなります。

 

いや、遊ぶのがダメってことではないのですが、本を好きな子になってほしいのです。

 

本を読むと、視野が広がります。外の世界を見ること同様に、文字情報を吸い上げることは重要です。

 

親が本を読んでいれば、子どもも自然と本好きになるだろうという目算なのです。

 

f:id:yabure-kabure:20180215014018j:plain

 

困るのは、僕は、常に3冊くらい同時進行で読み進めることです。バックが重くなります。

 

電車のなかで読むときに、気が引けてしまうのもいけません。

 

今は「フリースタイル・ラップの教科書」という本を読んでいるのですが、サラリーマンが通勤電車で読んでいたら、ネタでしかありません。

 

居合わせたラッパーに、フリースタイルバトル仕掛けられたら、もう終わりですよ。

 

そんなことを気にしているので、小難しい経済の本だったり、IT技術の本だったりが、先に読み終わります。

 

このブログの読書ネタに、学術系の投資本が多いのも、それが理由だったりします。

 

電車のなかでフリースタイルバトルが始まっても、余裕で対処できるようになったら、キレキレ系の本を堂々と読んでやろうと思います。

 

ブログでお伝えする本がキレッキレになってきたら、それは僕がラッパーになったということなのです。

 

フリースタイル・ラップの教科書 MCバトルはじめの一歩

フリースタイル・ラップの教科書 MCバトルはじめの一歩