億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、37歳現在、資産額5,200万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


~第4部 高齢化をめぐる危機と世界経済の力学シフト~ 長期投資の名著「株式投資の未来」を理解しよう

僕の理解のために、「株式投資の未来」の内容をまとめています。

 

強気相場に気を緩め、成長系企業へ積極的な投資をしたくなったときに読み直して、自分を戒めるのです。

  

www.yabure-kabure.site

 

4部は、今後の経済見通しについてです。

 

経済成熟国のベビーブーマーたちが高齢化しています。多くの財産を保有する彼らが引退し、金融商品を売り始めることが考えられます。

 

今後、株式の優位性はゆらぐのでしょうか。

 

モノを生産するのは、途上国世界の労働者となり、資産を買うのは、途上国世界の投資家となる。

貿易赤字になっても、新興国が欧米企業を買収すれば解決する。

 

新興成長国では、経済成熟国にモノを供給することで、経済が発展しています。

 

これからは新興成長国から、金融市場に充分な買い手が参加してきます。米国や欧州、日本の資産には魅力があるからです。

 

生産性が向上すれば、1人当たりの生産高が増え、高齢化の影響は緩和されます。そのため、今後の展望に悲観する必要はなさそうです。

 

今までが骨太だっただけに、第4部はシンプルにまとまりすぎた感がありますね。

 

今までの記事は、こちらからどうぞ。

全部で、5回分の記事にまとめました。 

www.yabure-kabure.site