億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、37歳現在、資産額5,200万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


【朗報】P&Gの配当増額発表

アメリカ企業は株主への利益還元意識が高く、苦境に陥っても配当金を減額しないことを誇りにする風土があります。

 

25年間継続すると配当貴族、50年で配当王と呼ばれます。かっこええやないか。

 

重要なポイントは、維持されているのが配当率ではなく、配当額だということです。日本企業の大多数は、株価の一定率を配当しているので、株価が下落したときには、配当金まで減額されてしまいます。それでは、下落局面での緩衝材にならないし、株価の反発要素にもならない。

 

配当額が下がらなければ、配当金を収入として計算できます。受け取った配当は、家計に組み入れて早期リタイアの目安にできますし、株式再購入に費やして保有株数を積み増せば、配当金額をブーストさせることも可能です。

 

連続増配銘柄は、経済的自由を達成するための、加速装置と言えるでしょう。

 

f:id:yabure-kabure:20180411225913j:plain

 

連続増配銘柄として、有名なところでは、なんといってもP&Gです。61年間にわたり、配当額を維持、ないし増配を続けています。ダウを構成する優良銘柄でもあり、まさに王のなかの王。

 

62年目も、夢を見させ続けてくれます。

 

配当増額が発表されました!! やったー。

 

20185月の配当額は、1株あたり71.72セント。前回配当68.96セントから4%アップです。4四半期据え置かれていたので、久しぶりですね。

 

配当利回りは3.5%を超えます。もはや債権クラスの安定感。

 

僕は先週、P&Gを買い増していました。完全に運がよかっただけですが、かなり嬉しいです。

 

増配を材料に株価が上がれば、株式の値上がり益まで狙えちゃいますね。夢は膨らむばかりです。

 

最近の株式市場は、グロース株の隆盛が花盛りで、バリュー株は斜陽感が漂っています。減配なんか決定された日には、バリュー株は徹底的に売り叩かれるでしょう。折しも、GE株がそれを証明してしまいました。

 

こんな局面だからこそ、コツコツとバリュー株の追加購入を続けていこうと思います。

 

 

P&Gを購入した様子は、こちらをどうぞ。

計画を、迷わずに遂行していくことが重要だと考えています。 www.yabure-kabure.site