億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、37歳現在、資産額5,200万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


【CSCO】シスコシステムズを投資対象として考える

シスコシステムズ(Cisco/CSCO)はルータやスイッチ、ワイヤレス関連製品など、ネット接続装置で圧倒的なシェアを誇る通信機器メーカーです。

 

伝統あるハイテク企業であり、ダウ工業平均30種を構成する優良企業です。データセンターやネットワークセキュリティなど、ソフトウエアサービスも育成しています。

 

ハイテク株を保有しておきたいけれど、値動きが大きい銘柄は敬遠したい投資家には、マイクロソフトやアップル、オラクルと同様に、選択肢の1つです。

 

f:id:yabure-kabure:20180822211644j:plain

 

シスコシステムズは売上の伸びは落ち着いているものの、経常利益率は安定して20%を超えており、財政基盤は強固で売上に対して30%ものキャッシュを保有しています。

 

株価は1年間で50%以上も値を上げていて好調です。配当率も3%ほどと高く、増配も8年目に差し掛かりました。

 

ええがな。

 

僕は150万円ほど投資していますが、投資割合としては低く、保有個別株の10銘柄のなかで下から2番目です。

 

買い増しして割合を高めたいところなのですが、正直なところ、事業内容がよく分からないのですよね。

 

ルータやスイッチといわれても、シスコの事業にどんな参入障壁があって、シスコ商品がいかに素晴らしいのかが掴めません。

 

実際、アマゾンが通信機器事業に参入するとの報道が流れた際には株価が反応していたし。

 

利益が出ているので保有を継続していますが、売却タイミングがよく分からないだけという側面は否定し切れません。

 

追加購入は考えていないため、いっそこのまま株価が上昇し続けてくれれば言うことなしです。よく分からんけど、儲けさせてくれる銘柄。ええがな。