億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、38歳現在、資産額6,100万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


夏の防犯

 

夏の夜、ビールを吸い込むことが楽しすぎます。

  

暑いからね。喉がカラカラなのです。

 

つい最近まで梅雨だったと思ったら、早速の真夏です。台風まで来るし、一体どうすればいいんだ。

 

最近は仕事もモヤモヤしているので、アルコホールで恍惚感を味わわないとやっていられません。

 

ストレス発散のためには飲まないようにしているのですが、この季節だけは特別です。

 

おっとっと夏だぜ。

 

 

 

ついつい吸い込みが進んで、晩酌途中でビールが切れてしまうことがあります。

 

モウマンタイ。

 

チェーン系のドラッグストアまでは歩いて行けるのです。

 

以前は子どもたちが一緒に来てくれていましたが、最近は1人で買い出しに向かいます。

 

暑い日が続くと頭がヤバくなるヤツが出現しがちなのです。

 

長女は小学3年生なので、そろそろヤベェヤツが目を付けるかもしれません。

 

ほろ酔い気分で、玄関を出る僕。

 

子どもたちが見送ります。

 

お菓子を買ってくるように言われますが、買わんよ。自分のお小遣いで買いなさい。お父さんは、クッソ辛い毎日を乗り越えてビールを飲んでいるんだ。

 

ビールを飲んで明日への英気を養い、業務に励んで賃金を獲得し、そして有り金はたいてビールを買う。

 

あれ、これ無限ループ?

 

子どもたちからは賑やかに見送られ、酔いも手伝って盛大に別れを惜しみます。

 

行ってくるよー。

 

ドアを閉めた途端に、ガチャ。

 

おいおい。

 

長女、カギ閉めたで。

 

 

 

父の感傷よりも、防犯が優先です。

 

こういう感性が大事です。

 

ヤベェヤツが押し入ってくるかもしれないからね。夏だからね。

 

父が傷つかないように、少し離れてからカギを閉める。しょうもない気遣いは無用です。

 

どうせ酔っぱらっているからね。すぐに忘れちゃうし。

 

忘れないようにブログに書いていますが、そのことも忘れちゃうかもしれない。

 

そんなもんです。

 

大切なことを見失わない。

 

我が家の長女は順調に育っています。