億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、38歳現在、資産額6,300万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


商工会議所の開業塾を受けてきた

 

無事に開業塾を卒業できたので、ご連絡いたします。

 

全国の商工会議所では、起業をサポートする講座を開催しています。

 

商工会議所によって名称は異なり、起業塾や創業塾、開業塾と呼ばれています。

 

概要もそれぞれ異なりますが、数週間に渡って週末に開催されていることが多いようです。

 

あまり宣伝されていないので、近くの商工会議所のホームページで調べてみてください。

 

居住地以外の商工会議所でも受講できますが、今後のつながりができるので、最寄りの会議所で受講することをおススメします。

 

我が家の場合は、妻が地域新聞で開講情報を仕入れてきました。

 

僕に起業願望があることを知っており、背中を押してくれたのです。

 

僕には辞職願望もあるので、シンプルに辞められたら家計へのインパクトが大きいですからね。

 

家族に人生設計を話しておくことは重要です。

 

 

 

僕が居住する自治体では、10週間連続の土曜日講座が開講されていました。

 

商工会議所の開業塾ページに必要事項を記入して申し込みます。

 

人気があると聞いていたので、志望動機欄にアツい思いを記載してアピールしておきましたが、申込者全員が受講可能でした。

 

申込情報は受講者名簿として講座で配布されてしました。

 

おいおい。僕のアツい思いは自己紹介として利用されているやないか。

 

商工会議所。やんちゃがすぎるぞ。

 

 

 

開業塾の受講メリットは、税理士や中小企業診断士から財務諸表の読み方や制度使用の説明を受けられたり、起業を志す人と知り合いになれたりすることです。

 

そのなかでも、最も強烈なメリットは金利の優遇です。

 

日本には日本政策金融金庫という政策金融機関があります。

 

財務省所管の特殊会社で、民間の金融機関を補完して事業者を支援しています。

 

簡単に言うと、銀行よりも簡単に、有利な条件で融資をしてくれるのです。

 

創業融資の場合は、創業計画書や資金繰り表を確認してくれて、融資に適当なレベルに引き上がるまでコメントしてくれます。

 

そして、担保なし融資が利率2.5%ほど。

 

さらに、商工会議所が開催する開業や創業講座を受講完了していれば、0.8%マイナスの優遇利率が適用されるのです。

 

実績のない新参者に1%台の利率で融資。奇跡。日本サイコー!

 

 

 

僕が受講した開業塾は、10週間連続、土曜9時から16時までの講座でした。

 

開業への想いを整頓したり、自分の経験や能力を棚卸したり、創業計画書を書いてみたり。

 

期間も長いし、事前準備も必要なので大変でしたが、有意義な時間でした。

 

講師の経営者や税理士と会食したり、受講者と仲良くなって平日の会社帰りに飲みに行ったり。受講メンバーとはラインで、今でも連絡を取り合っています。

 

みんな起業を目指して自発的に参加しているだけあり、講座内の発表では思いのこもった意見を披露していました。

 

参加者には、すでに起業している人や計画を立て終わっている人もいれば、僕のように漠然と起業を目指している人もいます。

 

最終講座で創業計画書を作成して卒業となるため、具体案がない場合でも無理やりアイデアをひねり出し、なんとか計画書に落とし込むことになります。

 

売上を予測し、損益を計算した経験は、これからの役に立つことでしょう。

 

漠然とでも起業を考えている人は、まずは受講してみることをおススメします。

 

開講が年に一度しかない商工会議所が多いので、申し込みが始まったら、とりあえず手を上げてみてください。