億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、39歳現在、資産額6,800万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


投資状況 2019年12月第2週

 

日本政府の中枢に官僚がいて、そのなかでも国家一種試験に合格して入省したエリートをキャリアと呼びます。

 

その各省エリートのトップが事務次官。

 

事務次官が息子を殺害した事件の裁判が始まりました。

 

周囲に迷惑をかける息子さんを心配した被告夫妻が、自宅に連れ戻してからすぐの事件です。

 

実家に戻った息子は偉大すぎる父親への態度を豹変させ、暴力暴言を振っていたらしい。

 

事件当時の事務次官は76歳、長男44歳。

 

奥さんは30年来のうつ病に苦しみ、婚姻話が流れた長女は自殺しているそうです。

 

なんだかね。

 

切ないや。

 

将来には何が待ち受けているか分かりません。

 

それが人生。

 

脆く恐ろしい。儚いからこそ美しい。

 

日々を愛しみ、毎日の幸せを噛みしめて生きていこうと思います。

 

 

 

さて、今週の投資状況を確認してみましょう。

 

f:id:yabure-kabure:20191214173929j:plain


84万円のプラスでした。

 

84万円!

 

やったー!!!

 

年末、増えっぱなしですね。

 

3桁万円の増加を期待していますが、連続してプラスの週が連発すると、もうこれでいいやと思えてきます。

 

じわじわ増殖してくれ、我が家の資産。

 

そして、僕を賃金労働から解き放ってくれ。

 

株価の上昇は米中貿易協議の合意に依るものです。

 

そうなの?

 

市場はすでに織り込み済みだったようにも思います。

 

金曜日の合意報道からは株価の方向性が失われているしね。

 

来週から株価が下落しても不思議ではありません。

 

その場合、経済紙はいいニュースが出尽くしたことを要因にすることでしょう。

 

なんじゃそりゃ。報道の意味ないやん。

 

株価動向の要因なんて後付けです。

 

まるで意思を持っているかのように、自由自在に乱高下する。

 

ファンタスティック。それが株式市場だぜ。

 

将来には何が待ち受けているか分かりません。

 

脆く恐ろしい。儚いからこそ美しい。

 

日々の株価を愛しみ、たまの上昇相場を噛みしめて生きていこうと思います。