億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、39歳現在、資産額6,000万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


年金見込額の確認方法

 

将来もらえる年金の見込額を調べました。

 

大した額は期待できないし、減額や支給開始の後ろ倒しもありそうだけど、生活費のバックアップは複数あったほうが安心です。

 

 

 

僕は近年中のセミリタイヤを考えています。

 

社会には影響していたいので起業を計画していますが、安定収入が絶たれることは不安です。

 

じいさんになってから生活費が枯渇し、賃金労働を再開するのはいただけません。

 

老人になってからのサラリーは額を期待できない。

  

生活に困らないよう、なるべく金融資産を切り崩さないことが重要です。

 

老後は唸るほど配当をもらえるようになっていたい。

 

そして、年金。

 

年金の見込額はねんきんネットで確認することができます。

 

50歳以降は電話やネットでの申請も可能です。

 

詳しくは年金機構のページをどうぞ。

年金の見込額を確認するにはどうすればいいですか。|日本年金機構

 

ねんきんネットを利用するためにはユーザIDが必要です。

 

IDは、ネットで申請し、郵送されてくるハガキで受け取ります。

 

デジタルとアナログの融合ね。

 

この申請に苦労しました。

 

登録住所と現住所が異なっていると発行してもらえない。

 

厚生年金加入者は勤務先での住所変更が必要らしいのですが、そんなん言い出したら、こいつ年金狙っているな、ってバレてまうやないか。

 

お願いしたけどね。

 

再びIDを申請しました。数日以内に届くそうです。

 

数週間待っても届かない。再々申請。

 

それからハガキが届いたのでネットで登録を試みましたが、エラーで進めず。

 

どうやら受け取ったハガキは再申請時のもので、再々申請したためにIDが無効になったようです。

 

んじゃ、再々申請したIDが来るまで待とう。

 

・・・。

 

来ないよ。

 

 

 

年金機構のQ&Aページには案内がありませんでしたが、マイナンバーを利用したポータルサイト、マイナポータルでもねんきんネットに接続できます。

 

それだ。

 

個人情報の一元管理。

 

マイナンバーを発行した意味が出てきましたね。

 

まずマイナポータルのトップページでアプリ取得用の2次元バーコードを表示して、スマホで読みとります。

サービストップ | マイナポータル

 

あれ? ぼくの携帯では利用できないよ。

 

HUAWEIだからかな。

 

妻のAQUOSで挑戦。

 

やっぱりあかん。

 

もう面倒なので、誕生月に送られてくるねんきん定期便を待とうと思います。

 

結局アナログに落ち着いてしまった。

 

アーリーリタイヤを目指す皆さんには、ねんきんネットかマイナポータルの利用者登録をおススメいたします。

 

年金見込額はサラリーマンを辞める前に確認しておきましょう。

 

50歳になってから電話で確認しているようでは手遅れです。