億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、38歳現在、資産額6,300万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


ニードル脱毛体験記

 

アロマが香るタオルの下で、苦痛に顔を歪ませていた。

 

乳白色を基調とした清潔な部屋にピアノの美しい旋律が届く。

 

髪の毛をアップにまとめた白衣の女性が鬱陶しそうにシャツをまくり上げ、ズボンを下げた。ベッドに寝かされた私は抵抗できない。

 

そして刺されるのだ。針を。

 

 

 

ダンディハウスを訪れた。

 

男のエステとしてお馴染みだが、目的はフェイシャルダイエットやお肌のトラブルではない。脱毛である。

 

夏場になると毛が蒸れて対処に苦慮する。脇は掻いても許されるかもしれないが、デリケートゾーンはそうもいかない。

 

内股をモゾモゾと擦り付け、ポケットに手を突っ込んだふりをしてポリッとする。最低だ。

 

数年前まではハサミで短く刈り込んだり、剃刀で剃ったりした。処理された毛の断面は鋭く尖り、数日間の発毛期間を経て刺激が襲う。

 

ちくちくちくちく

 

痒みと痛みの狭間でもがく。脳内のすべては股間に向けられ、平衡感覚を失って倒れた。

 

座っていてもちくちくが止むことはない。パンツの中にアイスノンを格納し、感覚を凍結させて会議に臨んだあの日を思うと涙が滲む。

 

昨年はブラジリアンワックスによる脱毛に挑戦した。

 

ワックスを塗布したデリケートゾーンに専用の布をあてがい、力任せに引き抜いていく。視界がブラックアウトする痛みと引き換えに、快適な夏を過ごすことができた。

 

ブラジリアンワックスに興味がある人は、脱毛カテゴリーを覗いて欲しい。戦いのすべてが残されている。

脱毛 カテゴリーの記事一覧 - 億万長者物語

 

ダンディハウスではニードル脱毛を行う。

 

毛穴に針を差し込み電気を流して熱を発生させ、乳毛頭という毛の算出細胞を壊していく。

 

100年前から施行されている伝統の手法で、レーザー脱毛よりも痛みが控えめだと説明を受けた。

 

座り姿勢の美しい受付の女性に、脱毛したい箇所を聞かれて陰部と回答。困惑される。ダンディハウスでは対処していないらしい。

 

えっ、そうなんですか。と思いつつ平静を装い、あっ、あとはスネですね。と付け加えた。ウソだ。蒸れない毛に害はない。

 

体験コースは4,900円。時間内に取れるだけ取る。

 

本当は脇を脱毛してほしかったが、へそ回りにした。脇の片方だけ、しかも一部分だけで所定時間が終わってしまったら、今後の人生でバンザイができない。

 

慣れている風を装ってジンジャーティを飲み干し、お手洗いを済ませて処置室に入る。クリーム色の部屋に茶色のベッドが格調高い。

 

ベッドと調和がとれた茶色のロッカーに衣類を片付け、施術開始。

 

説明してくれた受付嬢が部屋に入ってきて怯む。彼女が私を担当するらしい。マジか。ベテランのおばちゃんとか、男性が処置すると思っていた。

 

 

 

ベッドの上に間抜けな腹を晒し、粛々と指示に従う。まずは電気出力の調整だ。

 

毛穴に針が差し込まれ、絶句。あぶねぇ、意識が飛びかけた。直前にトイレに行っていなかったらヤバかった。

 

電気の流し込みは耐えられるが、挿入が激痛過ぎることを訴える。タオルの下では涙目だが、声色には渋さを保つ。

 

値が張るゴールドニードルに取り換えてくれた。伝導率が高まるため、細くできるらしい。

 

体験だから無料だったが、通い始めると毎回300円ほど発生するらしい。ノーマルのステンレスニードルを突っ込まれるくらいなら、その10倍は払ってもいい。

 

痛みはマシになったが、やはり痛い。毛穴をねじって抉られる感覚。

 

30分しかないので、黙って耐える。痛みを訴えても改善は望めないし、作業を滞らせて脱毛範囲が減ってしまうのは避けたい。

 

お腹に置かれた手が温かい。息遣いが荒くなってきたので、お喋りして気を散らす。

 

いやぁ結構痛いですね

うーん、お客様の場合は肌のキメが細かいので、普通の人よりは痛みを感じやすいかもしれません

 

どこを脱毛する人が多いんですか?

ヒゲをなさる方が多いですよ。お客様は見えない箇所の脱毛をするなんて美意識が高いんですね

 

いいですか。美意識が少しでもあったらアイスノンは突っ込まない。

 

あぁ、痛覚が蓄積されていき許容を超えた。もう、めちゃくちゃ痛い。

 

呻きが漏れてしまい、お姉さんに励まされる。

 

あと8分ですよ

 

そんなに残っているんですか!? もう耐えきれる自信がないよ。

 

作業は毛穴を順に破壊していくため、痛みが募る。右側の毛を処置したら、つぎは左側に移動してもらえないだろうかと思いつつ、痛すぎてお願いの説明が出来ない。

 

別のことを考えようと、聞きかじった瞑想手法を繰り出し、両目と鼻の中央に意識を集めてみた。

 

すーはーすーはー

 

無理無理、その程度の痛覚じゃない。永遠のような8分が続く。

 

デリケートゾーンに対応していなくて、本当に良かった。センシティブな部分に針を差し込み電気を流され続けたら、私の自我は崩壊したであろう。

 

 

 

体験の時間内でおへそ周りは脱毛できたので、満足だ。痛みに耐えられる人、痛みに興味がある人は試してみればいい。鼻の下あたりが一番痛いらしい。

 

リンクはこちら。安心してくれ、アフィリエイトではない。

ひげ、ボディの気になるむだ毛に。男のエステ脱毛【男のエステ ダンディハウス】

 

乾燥すると肌が敏感になり、寒さで毛穴が引き締まって痛みが増す。2時間通して処置していく人もいるようだが、僕には無理だ。

 

確実に脱毛したい人には向いているのかもしれない。計50時間で料金は823,500円。いくらなんでも高すぎる。

 

レーザー脱毛だと40万円ほどでデリケートゾーンを処置してくれるので、そちらのほうが経済的だな。

 

レーザーの体験も申し込んだ。ニードルより痛かったら、どうしよう。

 

いよいよ、自我が崩壊するかもしれない。