億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、39歳現在、資産額6,800万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


理想の配偶者

 

配偶者に求めることは何か。

 

価値観の一致は絶対です。

 

「会社辞めるわ」

 

「いいよー」

 

これぐらい、訳が分かっている人が理想です。訳が分かっていなすぎるのかも知れない。

 

「株買うね、200万円」

 

「オッケー」

 

信頼関係の構築も必要です。

 

資産の運用に毎回説明を求められたら、商品を買う気を失くす。または秘密にする。

 

「今年は結婚10周年だね。スイート10ダイヤモンド買って」

 

「指輪もいいけど、VTI100株ってのはどうだい?」

 

さすが却下されました。

 

妻は僕じゃないからね。

 

なんでもかんでも価値観が一致することはあり得ません。

 

価値観が一致しないこともあることへの理解が重要です。

 

 

 

価値観と同じくらい重要なこと。

 

それは、健康であることです。

 

農家の人であれば、価値観よりも重要かもしれない。

 

身体が資本だからね。

 

農家でなくとも、人生は100年も楽しめるようなので健康は重要です。

 

我が家の妻はどうか。

 

健康状態、最強。

 

年末、長女と長男からうつされた風邪に苦しむ僕。

 

二女にも感染し、40度近く発熱しました。

 

子どもの熱は上がりやすいものの、40度を超えると脳へのダメージが心配されます。

 

病院に連れて行き、粘膜検査したらインフルエンザでした。

 

ほかの子どもたちも症状も同じなので、全員がインフルエンザだったということになります。

 

おいおい、僕はインフルエンザだったのか。

 

生まれて初めて感染したよ。

 

僕と二女が寝込んでいる間、妻が看病してくれました。

 

二女とは添い寝もしていた。

 

家族の発症から2週間が経ちましたが、妻は元気です。

 

発熱はおろか、咳すらない。

 

年末年始休暇でリフレッシュで出来たようで、パワフルさに磨きがかかっています。

 

インフルエンザにビクともしない健康さって何なんだ。

 

感染を危惧して僕の寝室を除菌スプレーしていました。

 

寝込む僕にも除菌液を振りかける徹底っぷりだったけど、意地悪か。

 

妻には不必要だっただろ。

 

 

 

価値観が合致する配偶者と結婚できることは、人生における幸運です。

 

さらに、その人が健康だなんて、自分の徳の範囲を超えている。

 

前世の僕が清らかに生きたのでしょうね。感謝せずにはいられない。

 

ここまで恵まれた条件の人に出会えたので、それ以上のことは望みません。

 

外見とか、お家柄とかね。

 

・・・。

 

失礼な!

 

うちの妻は外見も麗しく、お家柄も素晴らしいやい。

 

今年も元気に出勤する妻の背中を見送り、感謝を忘れず共に生きていこうと思ったのでした。