億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、39歳現在、資産額6,000万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


住信SBIネット銀行のメリットを使い尽くす

 

我が家の買付資金は住信SBIネット銀行に預け入れています。

 

為替コストが安く、金利もいいことが理由です。

 

優良サービスを提供する楽天銀行と比較しても、その差は歴然です。

 

住信SBIネット銀行 vs 楽天銀行

ドル円為替コスト 4銭 vs 25銭

ドル普通預金 0.25% vs 0.01%

1ヵ月定期 1.3% vs 0.1%

1ヵ月定期(円からの預入れ) キャンペーン終了 vs 2.0%

3ヵ月定期(円からの預入れ) 1.9% vs 0.6%

 

 

しかも、住信SBIネット銀行は頻繁に金利キャンペーンを行います。

 

なかでも、米ドル1ヵ月ものが優秀です。

 

僕が利用できた最高金利は10%。

 

10%⁉

 

10%も金利で付けてくれるんだったら、もはや株式投資をする必要がありません。

 

最近も7%のキャンペーン金利を用意してくれました。

 

詳細は、購入当時の記事をどうぞ。

www.yabure-kabure.site

 

1ヵ月もの特別金利キャンペーンが開催されていない期間の、資金運用方法を悩んでいます。

 

米ドル預金の選択肢は以下のとおりです。

普通預金 0.25%

1ヵ月定期 1.3%

3ヵ月定期(円からの預入れ) 1.9%

 

 

為替の手数料が発生するので、保有している通貨ごとに戦略を考えます。

 

    

ドルで保有している資金

1ヵ月定期にしておけば大丈夫です。

 

預入期間に金利キャンペーンが始まったら解約すればいい。

 

さかのぼって、普通預金と同じ金利を受け取れます。

 

円からの預入れが条件の、3ヵ月ものキャンペーン利用はちょっと危険です。

 

ドルから円への両替をして再度ドルを購入する必要があるので、為替コストで0.3623%目減りしてしまう。

 

満期で預ければ利益は増えますが、期間中に1ヵ月ものキャンペーンが提供されて大急ぎで解約したときに損を出してしまいます。

 

円で保有している資金

お得なのは、円からの預入れです。

 

3ヵ月ものの場合は、税引き後金利は1.51%。

 

為替コストを回収するためには、満期まで完走が必須です。

 

3ヵ月間、1ヵ月キャンペーンがなければ勝ち。

 

うーん、微妙です。

 

キャンペーンしないで!と願うのは、向かう方向を見誤っている。

 

1ヵ月キャンペーンは数か月おきに開催されるので、円のままの保有で良さそうです。

 

円の普通預金は0.001%。

 

定期だと0.02%。

 

100万円を1年間預けても、200円。

 

手間を考えると、何もしなくていいや。

 

僕はここまで調べて悔しいので、円定期にしておきます。

 

 

 

まとめ

1ヵ月ものキャンペーンが適用されないときの買付資金は、以下のように運用します。

ドル資金 - ドル定期預金1ヵ月もの

円資金 - 円定期預金1ヵ月もの

 

1ヵ月特別金利が提供されたら、すぐに乗換えます。

 

購入の際は、億万長者物語にて報告します。

 

僕より早くキャンペーン開催に気付いた人は教えてください。

 

株の暴落が発生した場合には株を買い足す予定なので、そのときも定期を解約します。

 

為替差損どころではない損失が発生するので、そのストーリーが実現しないことを切に祈っています。