億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、39歳現在、資産額7,100万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


投資状況 2020年1月第3週

 

中東の緊迫した情勢が、急激に緩和に向かいました。

 

全面衝突はなさそうだし、良かった良かった。

 

戦争で罪のない子どもたちが傷ついているのに、儲けた損した騒いでいる場合じゃないですからね。

 

いや、騒いでいる場合なのか。

 

資産を蓄え、正しい使い方をする。

 

これだな。

 

嘆いても何も変わりません。

 

僕なりに出来ることを精一杯頑張ろうと思います。

 

 

さて、今週の投資状況です。

 

f:id:yabure-kabure:20200118221829j:plain

 

163万円のプラスです。

 

1,629千円!?

 

やばっ。

 

3桁万円プラスは2週連続です。

 

寝て覚めればおカネが増える。

 

サラリーマンの意義を見失っています。

 

半年分の給料を、たった2週間で増やすことができるのです。

 

やりがい? 自己実現?

 

そんなもん、給料をもらうために頑張る口実に過ぎません。

 

おカネに不自由しなかったら、自分がやりたいように社会に貢献すればいい。

 

起業したり、ボランティアしたり、気まぐれにサラリーマンしたり。

 

人生楽勝。ほほほ。

 

おカネが増えるのは嬉しいのですが、とても怖いです。

 

夜明け前に目を覚まし、株価を確認しています。

 

上がりすぎているのではないだろうか? 

大暴落の兆候なのではないだろうか?

今日こそ下がるんじゃないだろうか?

 

気が気じゃありません。

 

上りが早ければ、下りはさらに早い。

 

ジェットコースターを上っているようなものです。

 

上ったら下る。上った分だけ下がる。

 

すべての保有株を投げ出し、暗い洞窟に引きこもりたい衝動と戦っています。

 

 

 

今週はジュニアNISAでSPXLを購入しました。

 

すでに5.5%の含み益がついていて、満足です。

 

勇気を振り絞って購入した自分を褒めてあげたい。

 

強気相場に怖気づきつつも、計画通りに追加投資が完了しました。

 

上昇相場を見逃すということは、経済的な自由から遠ざかることです。

 

下落に巻き込まれても、人生を変えるほどのダメージはありません。

 

組織の歯車となって賃金労働を続けるのみ。

 

なんの疑問もなくサラリーマンをやっている人と、同じ未来が待っているだけです。

 

IT企業や外資コンサルで、唸るほどの給料をもらっている人は別ね。あれはあれで、人生のソリューション。

 

労働者では辿り着けない境地を目指し、僕たちは投資をします。

 

 

市場にいなければその可能性がなくなるのであれば、市場に漂い続けるのみです。

 

恐れることはない。

 

労働の輪廻から抜け出せないことを恐れ、気丈に胸を張り、ともに上昇相場を乗りこなしましょう。