億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、39歳現在、資産額7,600万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


875万円減】2020年2月資産状況


波乱の2月が終わりました。

 

新型コロナウイルス懸念の払しょくによる株価上昇から始まり、中旬には米国市場指数が軒並み史上最高値を更新。

 

それからは怒涛の下降線を描きました。

 

下落率はリーマンショック以来だそうです。

 

我が家の運用商品も例外には漏れず、大打撃を被りました。

1週間で1,029万円の喪失。

 

これね。

www.yabure-kabure.site

 

 

想像がつきますか?

 

1,029万円を失くした衝撃。

 

・・・何が出来ただろう。

 

子どもたちを外食に連れていけるし、家族で旅行にも行ける。

 

バックもシューズも選びたい放題です。

 

沢山の株も買えますね。逆説的だけど。

 

 

 

絶好調だった中旬には資産が7,300万円まで膨れ上がりました。

 

とてつもない金額です。

 

7,300万円。

 

ありがとう、節約に励んだ過去。未だに外出先で飲み物が買えないよ。

 

資産が上昇したのは、ドル高だったことも一因です。

 

1ドル112円。

 

最高でした。

 

米国株で資金を稼ぎ、相対的に割安になった日本で生活を送る。

 

It’s 人生のソリューション。

 

 

 

・・・楽しかった日々が夢のように思い出されます。

 

おカネって勝手に増えていくものだと思っていた。

 

月末を迎えた資産状況を確認してみましょう。

 

f:id:yabure-kabure:20200301213421j:plain

 

875万円のマイナスでした。

 

資産額はなんとか踏みとどまって6,012万円。

 

一時期の最高値からは1,300万円ほど目減りしています。

 

正直、6,000万円代を維持できてホッとしました。

 

依然、かなりの資産を保有できていることには変わりありません。

 

資金が僕を守ってくれた。

 

大打撃クラスの減少にも関わらず、我が家を準富裕層に留めてくれました。

 

でも、この資金だけでは楽しい人生は補償されません。

 

今の生活水準だと10年くらいで破綻します。

 

つまり、こういうことです。

 

経済的な自由には遠いが、不安は抑制されている。

 

強気な攻めがまだまだ必要だし、可能でもあるということです。

 

 

 

株価低迷に乗じて、すでに2回の買い増しを行いました。

 

さらに、もう1回の買い増しを計画しています。

 

賃金労働からの解放を叶えるためには、恐怖に震えながらも進み続けるしかありません。

 

資産消失のインパクトを正面から受け止めつつ、さらに勢いを上げていく所存です。