億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、39歳現在、資産額5,200万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


再び…。4桁万円減】投資状況 2020年3月第2週

 

激動の1週間が終わりました。

 

減って減って増えて減って増えた。

 

毎日、年収分の資産が出入りしました。

 

クレイジーだったな。

 

深夜2時に目が覚めて、株価を確認した。

 

性格が悪くなったり、温厚になったり、悟ったりした。

 

金曜日が上げて良かったです。

 

株価下落のインパクトを引きずって週末を過ごしたら、次の1週間は働けないよ。

 

そしたら有休を使おう。

 

あっ、もう1日も残っていないや。美しいほどに使い切っている。

 

病休を使うしかない。

 

コロナを疑われようが構わない。

 

 

さて、今週の投資状況を確認してみましょう。

 

f:id:yabure-kabure:20200314164530j:plain

 

1,003万円のマイナスでした。

 

4桁万円の喪失。

 

尋常な事態じゃありません。

 

先々週も4桁万円がなくなっていた。

 

家が買えます。買っておけばよかった。

 

緑の芝生に白い犬。

 

素晴らしき哉マイホーム。

 

www.yabure-kabure.site

 

 

とてつもない金額が失われていますが、市場に残り続けることを覚悟しています。

 

僕は、決めたことを遂行することが得意なのです。

 

数年ごとに繰り返される大きな下落。

 

それらを乗り越えることで、長期的な資産培養を叶えることができるのです。

 

色んな投資本に書いてあった。

 

知識としては把握していましたが、渦中で過ごしてみると見える景色が全く違います。

 

凄まじい。

 

なにこれ。

 

サバイバーたちは、この難局を乗り越えてきたのか。凄い人、沢山いるね。

 

灰色にくすむ世界。落下する恐怖。

 

ああ。

 

逃げ出したくなる。

 

資産運用からも、人生からも。

 

 

 

3週間前の我が家は、7,000万円以上の資産を築いていました。

 

その時に、すべてを投げ出していたら。

 

選びようもなかった選択を悔やむ非生産な日々。

 

ライブドアショックは100万円ぐらいしか投資していなかったし、リーマンショックのときには全財産が100万円を下回っていました。

 

大きな資金を市場環境に委ねて迎える下落相場は、今回が初めてです。

 

苦しみを経験できてよかった。

 

会社を辞める前に。

 

僕は経済的な自由を資産運用に委ねています。

 

労働賃金を辞めてから今回の相場を迎えていたら、本当に逃げ出していたかもしれない。

 

サラリーマンをやっているうちは、下落のインパクトも大したことはありません。

 

年収を失うってことは、1年働けば取り返せるってことだからね。

 

賃金労働に守られている幸運。

 

金融市場の荒波を乗り越えるには理想的な状況です。

 

経済的な自由を達成してからの、いい予行になりました。

 

下落は今回限りの突発事情ではありません。

 

資産を運用を続ける限り、姿を変えて定期的に発生する。

 

サラリーマンの僕たちは恵まれています。

 

賃金収入を得られる状況を活かし、難局を乗り越えていきましょう。