億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、39歳現在、資産額6,900万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


iPhone SEで楽天モバイルUN-LIMITを利用する注意点

 

iPhoneSEが到着しました。

 

前日に楽天モバイルのUN-LIMITも届いていたので、早速装着。

 

使用を始めてから5日経ちましたが、至って好調です。

 

www.yabure-kabure.site

www.yabure-kabure.site

 

 

やっぱりiOSいいですね。

 

意地になってアップルからの囲い込みから脱出を試みる必要はありませんでした。

 

そう思えたのが、Androidを1年間利用したことによるメリットです。

 

www.yabure-kabure.site

 

 

iPhoneSEの素晴らしさは、ほかの記事も出ているので割愛です。

 

処理が早くて、機体が小ぶり。最高。以上。

 

今回はiPhoneSEでの楽天モバイルUN-LIMITを使う際に気を付ける点を書き出してみます。

 

 

セットアップの方法

物理SIMを差し込むだけで早速電波を拾いました。

インターネット接続はモバイルデータ通信の設定ページに移動してモバイルデータ通信のAPNを”rakuten.jp"と記入するだけです。

同じページのインターネット共有APNにも”rakuten.jp"と書き込み、デザリング発信もできるようになりました。

 

楽天Linkが使えない

楽天Linkは通話もSMSも無料になる、素敵アプリです。

アップルストアでは提供されていないためiPhoneでは使用することができません。

楽天モバイルのポイントバックは楽天Linkの使用が条件なので、ポイントをもらうためにはAndroid機種で楽天Linkにログインする必要があります。

楽天のeSIMはiPhoneでも使用できるようですが、Android機種に差し替え利用する機会も踏まえて物理SIMを選択しておいたほうが無難です。

 

パートナー回線ではSMSが出来ない

楽天回線は整備途中で、現在カバーしているのは都市圏のみです。

圏外でもauのパートナー回線を利用してインターネットに接続できるので、大きな支障はありません。

高速接続が5GBMまで使えるし、通常速度でも充分速い。

パートナー回線を使用して困るのは、SMSが使えないことです。

新しい機体なのでアプリを初めて使用する際には認証が必要になります。

電話認証で代替できるアプリもありますが、NIKEアプリはSMSが必須。

イケている高速厚底シューズが発売になっても購入することができないのです。

SMSの利用のために圏内に出かけようにも外出自粛だし。困った。

 

 

 

楽天モバイルUN-LIMITはiPhoneにも対応できるようになると思っています。

 

完全に個人的な考えだし、希望も含まれているけれど。

 

UN-LIMITが発表される前の楽天でんわアプリはiPhoneでも使用できていたし、楽天モバイルにしたってiPhoneユーザーの流入を期待していることでしょう。

 

 

 

楽天モバイルUN-LIMITの1年間無料キャンペーンは魅力だし、通常料金の2,980円も悪くありません。

 

大容量の通信サービスも魅力です。

 

でも、しばらくは楽天LinkとSMSが利用できない。

 

楽天モバイルUN-LIMITへの切り替えを考えているiPhoneユーザーは充分に検討ください。

 

数日間だけの利用ですが、僕はデメリットをメリットが大きく上回っていると思います。

 

楽天Linkのログインは妻の機種で達成できたし、概ね満足です。