億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、39歳現在、資産額7,600万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


残り1,365万円】投資状況 2020年5月第2週

 

なにごともなくゴールデンウィークが終わってしまった。

 

平たんに、でも急激な速度で日々が過ぎ去っています。

 

気が付いたら老人になってしまう。

 

週に1度の投資状況確認が僕のアンカーです。

 

時間を手元につなぎとめようと必死。

 

そんな投資状況確認です。

 

f:id:yabure-kabure:20200509104649j:plain

 

405万円のプラスでした。

 

いいですね。

 

順調に株価が回復しています。

 

コロナショック以来の推移はこちらです。

 

2月 ▲1,026万円
3月 ▲1,578万円
4月  +791万円
5月   +448万円
残り ▲1,365万円

 

最悪期は3,200万円もの資産が吹き飛びました。

 

底からは1,865万円を取り戻していますが高揚感は皆無です。

 

そりゃあ、ね。

 

1,365万円も喪失しておいて、高揚感もクソもあったもんじゃありません。

 

資産増減をどこか幻想のように捉えていましたが、いよいよ喪失金額が現実味を帯びてきました。

 

3,200万円だとおとぎ話だけど、1,365万円だったらサラリーマンを5年間継続すれば捻出できそうな気がします。

 

5年間ね。

 

絶対に嫌だ。

 

これ以上賃金労働を継続したら、3,200万円以上のダメージが精神に蓄積してしまう。

 

労働ではなく、資産運用で取り戻したいと思います。

 

そのために、市場に留まり続けることは必須です。

 

更なる暴力的な下落が訪れようとも、保有株を握りしめ続けようと思います。

 

 

 

今週の米国市場は上昇を続けました。

 

経済活動の再開が歓迎され、米中貿易協議の進展も好感されています。

 

米中の協議ねえ。

 

なんだか無理な自作自演感があるけれど、株価が上がるのであればなんだっていいです。

 

失業者率は14.7%まで悪化したそうです。

 

1930年代の大恐慌以来の惨状だそうですが、株価は上昇しました。

 

失業者増加の底打ちを材料視しているようですが、それまでがそもそも下げ過ぎです。

 

35%も下げていました。

 

僕は3,200万円も失った。

 

失業率は危機的状況だけど、いくらなんでも富の35%は消失してないよね、ってことなんじゃないだろか。

 

それにしても、14.7%の失業者ってとてつもないです。

 

棒を投げれば失業者にぶつかる。

 

新型コロナの抗体保有者よりも多いじゃないか。

 

自分の状況に落とし込んでみましょう。

 

自宅の周りを14.7%の確率で失業者がウロウロしている。

 

自暴自棄になっている人やアルコールに逃げている人もいることでしょう。

 

公園の使用を自粛している場合じゃない。

 

危険だから近づくなってレベルです。

 

僕たちも、ある意味では、ウロウロしている側の人間です。

 

アルコールに溺れないように注意して、社会活動の再開を待ちましょう。