億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、39歳現在、資産額7,600万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


1ヵ月目】バク転への道

 

バク転成功に向けて、動き出しました。

 

バク転の要素とステップについては、こちらからどうぞ。

 

www.yabure-kabure.site

 

 

この1ヵ月間、僕が行ってきた練習と成果をお伝えします。

 

とりあえず跳んでみればいいじゃないかって?

 

ひょっとしたら回れるんじゃないかって?

 

やってごらんなさい。

 

今。

 

とてつもない恐怖が襲うことを共感いただけると思います。

 

無事にバク転を成功させるためには、地道な努力が欠かせないのです。

 

1.倒立 

*想定ステップ「壁倒立→壁を利用しながらの片手浮かし→自立倒立」

肩回りの筋肉増強と倒立感覚を養います。

 

まずは壁倒立です。

手は八の字。

壁から近くに場所を手をついて身体を傾け過ぎないようにします。

自立して逆立ちする感覚を獲得するためです。

手をつく場所を固定するために、あらかじめ手をついてから下半身を蹴り上げます。

 

初回は6秒で堪えきれなくなりました。

休憩してから再度挑戦するも、下半身を蹴り上げられず。

腕が踏ん張れないのです。

 

20秒までを目標に時間を延ばし、それから回数を増やしていきました。

今は20秒の壁倒立を3回繰り返すことができますが、連日は無理です。

超回復を図りながら、肩回りの筋肉増強を狙います。

 

今後のステップアップは、壁倒立から軽く蹴って、自立倒立の状態をつくること。

僅かながらでも自立逆立ちの感覚を身体に覚えさせるのです。

 

今月の成果:壁倒立6秒 x 1回 → 壁倒立20秒 x 3回

 


2.柔軟性 

*想定ステップ「背中を反るストレッチ→伏せた姿勢からブリッジ→立った姿勢からブリッジ」

手と足の幅が狭いブリッジが目標です。

もうね、まったく出来ない。

まずは背中反りのストレッチから始めました。

ソファの背中部分を利用して背中を反らしていきます。

 

当初は天井近くに視点が残っていましたが、今では向こうの壁を見ることができます。

今後は地面(ソファの座る場所)を確認できるまで身体を反らすことを目指します。

 

一緒にストレッチしていた長女は地面に手を付くことができます。

背中の柔軟性が問題だと思っていましたが、肩回りの柔軟性にも違いがあることに気付きました。

長女は腕を伸ばしたまま頭の後ろにまで動かすことができますが、僕は耳に接触させることが限度。

なんてこった、こんなところに年月が蓄積したいただなんて。

 

数日前から起床時の肩回りストレッチも始めています。

まずは耳の横までしっかりと稼働させることが目標です。

 

今月の成果:背中ストレッチで天井付近の壁を見る  → 後ろの壁を見る 

 


3.恐怖心克服 

*想定ステップ「後転(後ろ向きでんぐり返し)→背中合わせに補助してもらってのバク転→お尻を支えてもらってのバク転」

 

練習できず。

試しに後転(後ろ向きでんぐり回し)をしたら平衡感覚を失ってしまって、気分が悪くなってしまったのです。

 

今月の成果:後転して気持ち悪くなる  → 進歩なし

 

 

 

39歳になった今、新しいことに挑戦しているという事実が僕をワクワクさせます。

 

進歩は些細だけれど、確実に小学校から抱き続けた夢へと近づいている。

 

壁倒立だって20秒は我慢できるようになりました。

 

人間って出来るんです。

 

バク転を目指して頑張ります。