億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、39歳現在、資産額6,900万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


飲み物を絞り出せ

 

暑くなってきました。

 

喉が渇く季節です。

 

晩酌のビールは最高ですが、勤務中の昼食はそうもいきません。

 

喉が渇いたな。それっプシュッー!

 

解雇ね。

 

そんなやつ。

 

そういえば、出先のお昼にお酒を飲んでから帰社して、退屈な上司の話を露骨に聞き流して驚かれたことがあります。

 

危ない危ない。

 

アルコールの作用だとバレたら、怒られるところだったぜ。

 

 

 

我が家では徹底して麦茶を飲んでいます。

 

自慢というにはせせこましいですが、ここ数年間、酔い覚ましの水とコーヒー以外の飲み物をコンビニで購入したことがありません。

 

量販店を含めても、購入する飲料は牛乳と子どもの記念日を祝う炭酸飲料ぐらいです。

 

徹底して、飲み物代を節約する。

 

コカコーラ社の利益率からも推し量れるとおり、飲料商品は割高です。

 

家で淹れた麦茶だったらペットボトル分が10円ぐらいで楽しめるのに、ドラッグストアでは98円。

 

コンビニでは150円もするのです。

 

暴利に過ぎるよ。

 

悔しいので、酔い覚ましの水分を購入するときには水や麦茶ではなく、炭酸水を選びます。

 

きっと共有してもらえると思う、この感覚。

 

我が家は5人家族です。

 

子どもたちの飲み物を毎日購入することはないにしても、僕と妻の分、休日の子どもたちの摂取量を考えると、週に3,000円近くの節約になります。

 

もちろん冬でも麦茶です。

 

ホット柚子茶が恋しくとも、水筒に入れた麦茶で我慢。

 

麦茶美味しい。No regard to 季節。

 

 

 

浮いた分はどうするか。

 

株を購入してもいいでしょう。

 

麦茶がもたらす経済的自由。

 

苦労している感が滲み出ていて素敵です。

 

年間で15万6,000円。

 

10年間運用すれば、なんと200万円を超える資産形成が可能です。

 

我が家ではワインを購入しています。

 

美味しいですよね、ワイン。

 

最近の流行りはスペイン産Vino tinto。

 

あっ、赤ワインのことです。

 

テンプラリーニョの、スパイシーな渋みを含んだ陽気な酔いに、ついついスペイン語が溢れ出てしまった。

 

ちなみにテンプラリーニョはブドウの種名です。

 

ワインは嗜むほどに奥行きが出てくる、芸術素養の一種だと思う。

 

www.yabure-kabure.site

 

 

週に4本ほどのワインを消費しています。

 

麦茶による節約だけだと、ちょっと予算オーバーだけどしょうがありません。

 

楽しむためにおカネはあるのです。

 

節約するために稼いでいるんじゃないぞ。

 

絞れるところは極限まで我慢し、享楽のために消費する。

 

これこそがミリオネアマインド。

 

ワインのグレードを上げたいと思ってるので、ほかに節約可能な習慣がないか目を光らせる毎日です。